第44話 心なき人

 コトコは悔しかった。


 会社の印字機は用紙とインクリボンをセットするタイプなのだが、毎週金曜日に点検をする。足りなかったり、インクが薄かったりしたら交換しなくてはならない。


 コトコはその日その端末を使用していない。


 それなのにインクカートリッジの交換をコトコが忘れた事にされていた。


 コトコの席の脇を通ったお局の一人が舌打ちした。


「替えとけよっ」


 小声で吐き捨てたのを耳にして、始めは何を言っているのか分からなかった。その人がインクリボンを手にしているのを見て、その事かと思ったものの、なぜ自分に舌打ちされるのか全く分からず、血の気だけが引いていく。


 手の先まで冷え切って端末のキーを叩けない。


 ——なんで、なんで私じゃないのにここまで言われなくちゃならないの。


 その後で大きな笑い声が耳に飛び込んできた。


「やだ〜、○○さんだったの?」


 替え忘れたのはその人だったらしい。


 しかし、コトコと間違えた事への謝罪は無かった。




 つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る