第32話 初夢


 コトコは夢を見る。


 ひどく息苦しくて何かから逃げている。見た事のないダイニングにたどり着く。どうやら誰かの別荘という事らしかった。


 見覚えのある職場のおばさん達の脇を走り抜けたから、その誰かの別荘なんだろう。


 それだけでももう嫌で仕方ないのに、なんだってこの別荘には蜘蛛がたくさんいるのか。初めは小さい蜘蛛が蜘蛛の巣と共に顔に降りかかるくらいだったのが、部屋を移動するたびに大きな蜘蛛に変わっていく。


「きゃっ!」


 ポトリと天井から落ちてきたのは、毒々しいまでの緑色の蜘蛛だった。


 足で踏みそうになる。


 いや、足の踏み場もないくらい、床の上は蜘蛛だらけだ。それも大きな——。


「……!!」


 そこで目が覚めた。






つづく





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る