第十四話『裏は、どう足掻いたとしても裏』

 どこか遠くで、陽気なジャズ音楽が聞こえる路地裏。

 非常に静かで、表通りと較べて暗い。

 夜は冷え込み、ここは砂埃の臭いが酷い。


「先輩、どうぞ」

「お、ありがとな、そろそろ交代か」


 我々はターゲットを見張っている、交代でだ。

 気が配れる後輩が、暖かい缶コーヒーを買ってきてくれた。よく出来た後輩だ。


「んで、これって水とか飲むんですかね?」

「さぁ、どうだろうな」


 橋で蹲っている大きな男だ、筋肉が異常に発達しており、彼は話す代わりに獣のような唸り声をあげる。

 簡単な意思疎通は可能だが、言うことを聞かなくなる場合もある。


「ほっとけ、どうせ水なんかなくても生きられるだろ、そいつは」


 缶コーヒーを一口、贅沢を言うのもなんだが、もう少し苦い方が俺は好きだ。

 そしてもっと贅沢を言うのならば、俺は酒が飲みたい。


「そういえば、聞きました?」

「何をだ」

「昼の見張り役の隊が、全滅させられたそうですよ」

「そうか…」


 肩を竦め、また一口、コーヒーを飲む。

 この季節、やはり夜は冷え込む。

 こんな夜には、暖かい缶コーヒーが身に染みる。

 俺は暗い路地の中、明るい星空を見据えて。白いため息をついた。



      〇



 名前と比べて、シックなこの場所が、僕は好きだ。

 暗い店内に、明かりがひとつ灯った。ランプひとつの明るさなど知れているが、今はこれくらいの明るさでいい。

 時間も時間だ。


 カラスと別れ、モルとハイハドを家で寝かせて。僕はここに来た。


「私に会いたいのはわかるけどね、時間は考えて欲しいな」


 白い長髪に、淡く火の色が映る。彼女は自身の眼鏡を拭いながら呆れたような素振りを見せた。


「すみません、ですが、聞きたいことがあって」

「何の話かな、紅茶に合う菓子のことかな、それとも紅茶とコーヒーを混ぜたらどうなるかの話かな」

「いや、あの」

「それとも、モルちゃんの、話かな」


 最初から、分かっているのなら。

 いや、仕方がない。こういう人だ。


「彼女の、家族について、聞きたいんですけど」

「いいよ、なんだい」


 眼鏡をかけ直し、僕の目を見た。僕は、彼女の目があまり得意じゃない。

 だからいつも目を逸らす、今もそうした。


「彼女の、家族に会いたいのですが、できれば母親で」

「んー、それは出来ないかな」


 重要参考人か。

 簡単に会えるとは思っていなかったが、即答しなくてもいいだろう。


「どうしても会いたいのですが」

「ふーん、なら、あの世ってところに行ってみたらいいかもね」


 マリアナはそう言いながら、フクロウを象ったオルゴールを弄る。

 即答された理由はわかった、だが、母親じゃなくてもいい、誰か親族に会えれば。話は聞けるだろう。


「残念だけど、モルちゃんの家族はね、この世には、一人もいないよ」

「……」


 マリアナはオルゴールを置いた。置かれた

そのオルゴールは、落ち着いた音色を奏で始めた。


「なぜ、ですか」

「殺害されているね、モルちゃんが、見つかる、何年か前にね」


 なぜ、彼女に。不思議な力があるのか、全てを破壊しようとするのか。

 なにか、わかった様な気がする。


「だいたい、察しましたよ」

「ん」


 オルゴールの音が途切れ、また、部屋は静寂になる。

 静寂は、心地がいい。


「家族が殺され、そのショックで……、という感じですかね」

「……違うね」

「違うんですね」


 少し、恥ずかしい。

 誤魔化すように、オルゴールを手に取ってみた。取ってみたものの、巻き方が分からない。


「うーん、まず、間違ってるね、前提が」

「前提、ですか?」

「あぁ、そうだよ」


 ゆっくりと、マリアナは頷いた。

 手を差し伸べて来たため、オルゴールを手渡し。彼女はそれを巻いた。

 また、オルゴールは奏で始めた。


「モルちゃんの親はね、殺されたんだよ、でもね、殺したのは他人じゃない」

「それは、つまり……、親族に裏切られたと……」


 そう、僕が口にすると、また呆れたような素振りを見せ、マリアナはため息をついた。


「殺人鬼がいたんだ、モルちゃんの家族にね、殺人鬼だ、人を沢山殺している、君がモルちゃんといる理由を考えてみたらどうだい?」

「……つまり、そういうことですか」


 考えていなかった訳じゃない、でも、それを僕が断定していいものじゃない。

 そう、思っただけなのだが。


「君は、鈍いだけなのかな、それとも、目を逸らしているだけかな、ん?」

「いや、あの、普通に考えてませんでしたね、眠たすぎます」


 眠い、瞼が重い。

 普段は、寝ている時間だ。


「今日は、もう終わるかい」

「そうします」


 街から賑わいが消えて、どこか遠くで聞こえていた音楽もすっかり聞こえなくなり。

 オルゴールは、奏で終えた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る