第5話 なにも知らない世界で、独りで

「それで?」


 ロキエがタバコを奪う気がなくなったのを見て、リーベは心の底からホッとした表情でポケットにしまう。仕切り直しとばかりに咳払いを一つしてから、元の凜々しい表情に戻った。


「彼女がここに来た目的は、お前を守ることだそうだ」


「大げさですね。通りすがっただけでしょう?」


「いや、これから先もお前を守ると言っている。それが自分の使命だからと。それしか言わん。お手上げだ」


 初対面の相手を守るの使命など嘘に決まっている。


 リーベもそう考えているようで、ロキエの肩に手を乗せた。


「聞き出せ」


「なにをですか?」


「彼女の正体だ」


「すぐにバレる嘘を吐くほど、話したくないんじゃないですか? 無理に聞き出さなくても」


「正体不明の天輪使いなんてノアにとってリスクでしかないんだ。最悪の場合……」


 リーベはその先を口にしなかった。それは脅しでもなんでもなくて、ただ言いたくなかったからだろう。彼女の苦々しい表情を見ればわかる。クールに振る舞ってはいるが、彼女は子供に優しいのだ。


「わかりました。力になれるかはわかりませんが、やってみます」


「頼んだ。私は別室にいる。……もしも危険だと判断したなら、そのときは――」


「大丈夫ですよ。安心してください」


「……そうか」


 ロキエは彼女の手を汚したくなかった。きっと何日も塞ぎ込んでしまうだろうから。それにルルトは敵ではない。直感がそう告げている。


 取調室はとても簡素だった。真ん中にテーブルがあり、それを挟んで椅子が二つ。カメラはどこかに仕掛けられているはずだが、見かけはわからない。


 ロキエの姿を見るなり、ルルトは表情を緩めた。そのまま駆け寄って来ようとしたところをロキエが手で制す。余計な動きで疑いを持たれたくなかっただけなのだが、ルルトは落胆の滲んだ表情でしょんぼりと腰を下ろした。


「上の人が不安がってるから、大人しく座っていた方がいいよ。それから、今日は危ないところを助けてくれてありがとう」


「いえ。反対に私が助けられてしまいました。傷は大丈夫ですか?」


「平気だよ。ルルトは?」


「治療は受けたので問題ありません」


 話している感じ、印象はとてもいい。リーベが言ったような口を割らない頑なな態度は垣間見えない。


「ところでルルトはどこから来たの?」


「わかりません」


「わからない?」


 そんなはずはないだろうと思いきや、彼女は神妙な面持ちで頷いた。


「覚えていないんです」


 嘘を吐いているようには見えない。ただ、もし本当に記憶喪失であれば矛盾が生じる。


「じゃあどうして僕のことを守るの?」


「わかりません」


 これは確かに手を焼きそうだと思い直していると、彼女は言葉を続けた。


「ただ……」


「ただ?」


「そうするべきだと、はっきりわかるんです」


「覚えていないのに?」


「はい」


「名前とそれ以外はなにも?」


「欠落はありますが、知識は残っているようです。それ以外はなにも。あのタイミングであなたに出会えたのは幸運でした」


 ――知らない場所に独りきりで、心細かったので。


 小さな声で呟いた彼女はうつむき加減ではにかむ。


 ロキエはハッとして、自らの行いを恥じた。ロキエが来るまで彼女は知らない場所で一人きりだった。加えて今は唯一知っている相手から尋問を受けている。助けに行った相手に疑いを持たれている。その状況で不安を感じないはずがない。


「ごめん」


「なにがですか」


 首を傾げる彼女は本当に心当たりがないようだ。それならそれでいい。今のは謝りたかっただけだ。


「これからずっと僕のことを守ってくれるって聞いたけど」


「はい、そのつもりです。…………迷惑でしょうか?」


 その瞳には不安がありありと浮かんでいた。捨てられた子犬のような眼差しは庇護欲をそそられる。可憐さとあどけなさも相まって、彼女の上目遣いを受けて断れる者はそういないだろう。


「迷惑なんかじゃないよ。ルルトみたいに強い子が側にいてくれたら、それだけで安心できるし」


 ロキエも例に漏れずその一人だった。


 彼女は安堵の息を漏らすと、満面の笑みを浮かべる。見とれていると、彼女は笑みを引っ込め、恥ずかしそうに俯いた。


 ルルトの笑顔は、どことなくエミルに似ているような気がした。もう二度と見られないと思っていた笑顔を思い出してしまって、苦しくなると同時に嬉しくて涙が出そうだった。


「どうかしましたか? 苦しそうです」


「ううん。なんでもないよ」


 泣きそうになっていたのはバレていないようだ。ホッとする反面、己の女々しさに辟易してしまう。ただ、エミルを思って泣ける自分がいることに安堵もした。この痛みこそ彼女を忘れていない証明に他ならない。


 ルルトについて聞き出せることはもうないだろう。本人が忘れているのだから仕方がない。 少し待っているように告げて、取調室を出た。そこには苛立ちを隠さず眉間に皺を寄せているリーベが待っていた。


「おい、結局なにもわかってないんだが」


「記憶ないんだからどうにもなりませんよ……」


 リーベは諦念の滲んだため息を漏らし、ポケットに手を伸ばそうとして止めた。ぎこちない動きで手を彷徨わせると、誤魔化すように腕を組む。


「今、タバコを――」


「お前は彼女が敵ではないと言ったな?」


「それは間違いありません」


「何故だ?」


「…………なんとなく」


「それで私に納得しろと?」


 はい、としか言えなかった。ルルトはロキエの窮地を救ってくれた。客観的な事実はそれだけだ。ノアの敵ではないと断言するだけの根拠にはならない。


 回答に窮していると、リーベは苦笑してロキエの髪をくしゃくしゃに撫でる。


「わかった。上には私が掛け合ってやる。その代わり、面倒はお前が見ろよ」


「ありがとうございます!」


 やはり彼女は子供に甘い。


「戻っていいぞ。彼女には色々と手続きがあるからな。終わったら向かわせる」


 これでルルトは解放されるだろう。ロキエは安堵を浮かべる。取調室に戻ってルルトにその旨を伝えると、彼女は微笑みとともに頷いてくれた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます