第43話 東京の風が吹く

「えぇ~帰らないでぇ~一緒に初夜を過ごそうよぉ~」


「言い方! それに俺は明日も学校があるんだよ。次の新幹線逃したら明日も休むことになっちまう」


「いいじゃん。サボって私と楽しいコト……しよ?」


「茜も仕事あるだろうが」


「セクシーなお姉さんっぽく言ってもダメかぁ」


「ダメだ」


 俺にしがみついて離そうとしない茜。

 そろそろこの家から出発しなければいけないのだが……茜の意志は固そうだ。


「今日だけは特別に、私に何でもしていいからさぁ」


「魅力的な提案だけど、残念ながら今は気が乗りません」


「こんな極上な女を目の前にして⁈」


「お前何言ってんだよ」


 茜はほんとにそっちの話に舵を取りがちだ。

 男として結構反応に困るからほんとにやめて欲しい。


 俺は茜に抱き着かれていることを特に気にせず、座って靴を履き始める。


「うわぁ~行っちゃイヤぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」


「またすぐ会えるだろ?」


「でも、でもぉ……」


 目に大粒の涙をたくさん浮かべて泣きべそをかく茜。

 茜は本当に甘えん坊だ。


 昔もこんなことがあった気がする。 

 こいつはやっぱり、変わったようで変わっていないんだな。


 急にそのことに気がついて、心が染み渡るように温かくなっていった。


「電話、かけてやるよ」


「へっ?」


「今まで茜からかけてくること多かったけど、今度は俺がかけてやるよ」


「……ほんとに?」


 茜が後ろからひょいっと顔を出し、期待の眼差しを向けてくる。

 俺はそんな茜の姿に少し笑いつつ、「ほんとだよ」と返した。


「寝る前に電話とかしていいの?」


「いいよ」


「私が寝るまで、電話してくれる?」


「お前が寝たら電話切っとくよ」


「モーニングコールしてもいい?」


「目覚まし時計にちょうど嫌気がさしてた」


「ふふっ。歩夢っておかしい」


「お前こそ」


 二人して笑った。

 微笑ましい雰囲気。


 ここが玄関ということもあって、まるで俺たちは新婚夫婦みたいだった。

 

「なんか私たち、新婚夫婦っぽいね」


「今俺もちょうど思ってた」


 また笑みがこぼれる。

 そうだ。新婚夫婦の玄関前には、笑顔が溢れるものなのだ。


 俺はいずれ来たる未来に思いを馳せる。

 こんな未来が、俺たちを待っていますように。


 密かにそう願って、俺は靴ひもをちょうちょ結びで縛った。

 立ち上がって、茜の方を向く。


「じゃあ、俺はそろそろ行くわ」


「うん。寂しいけど……でも、きっとそういう時間が愛を育てるよね」


「そうだな」


 ずっと近くにいては、本当に大切なのものだと気がつくことができない。


 それは、当たり前のものを失って初めてその大切さに気がつくのと同じで、離れて寂しいと感じることで、その人に対する自分の愛の大きさがようやく分かる。

 

 だからきっとこうやってお互い寂しいと感じる時間も、大切なのだ。

 俺たちはそのことに気づいているから、だから頑張れる。


「電話、たくさんするからね」


「あぁ」


「……んっ!」


 もう一度抱き着いてくる茜。

 俺を抱く手はさっきよりも強くて、茜の気持ちの大きさがよくわかった。


 俺も茜の背中に手を回して、抱きしめる。

 しばらくたって、茜は俺からゆっくりと離れた。


 そして目を瞑った。


「ん?」


「行ってきますのチューは?」


「……あぁ」


 そういえば今俺たちは、新婚夫婦なんだった。

 俺は茜に歩み寄って、軽く唇を当てる。


 一瞬だったが、それでも茜は満足したような笑みを浮かべた。



「行ってらっしゃい、未来の旦那様♡」



 そんな茜の言葉に笑みを浮かべつつ、「行ってきます」と返してドアを開けた。

 茜が一人で戦うこの地を吹く風が、俺の頬を撫でる。


「頑張ろうぜ、お互い」


 俺はそう呟いて、歩き始めた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る