赤い毛並みの彼

 彼はため息を漏らしていた。


「次男で素行も頭も悪い。ちょっとぐらい役に立て。」


 一族の恥さらし。

 それが彼の置かれている立場。けれど彼は気にしていなかった。毛並みを赤くしたのも頭の悪いフリをしているのも全部、一族から抜けるため。彼は社会的地位も金も欲してはいない。


「アメリカの財閥の娘が療養の為に日本にくる。」


 それはそれは、お可哀想に。


「お前はその娘に近づけ。逐一報告しろ。」


 それをしたら一族から解放してくれるのか?

 そうじゃなきゃ、やらない。


「ああ、お前なんていない方がこっちも助かる。」


 あと少し、あと少し。

 彼は自分に言い聞かせていた。権力にしか興味のない両親と兄から解放される為。女1人騙したところでどうって事ない。彼は一生をあの家で、あの兄の下で働く事を絶望しか無いと感じていたから。


 彼は彼で必死だった。


「転校生を紹介するぞー。」


 舞い込んだチャンスはすぐに教室に現れた。

 亜麻色の髪にビー玉みたいな蒼い瞳。死にそうな表情を浮かべた彼女は小鳥みたい。


 息を飲む。美しい以外の言葉が見つからない。

 陶器みたいに白い肌が俺の前に座る。


「あんた、良いことの嬢ちゃんやろ?」


 やっと出た言葉は自分でもびっくりした。

 違う、違う!もっと普通の挨拶せなッ!!


 振り返った小鳥は丸いビー玉を大きく見開いた。何にも喋らない彼女にガッカリする。


「無視かい。感じ悪いのぅ。」


 こいつも権力が欲しいだけの卑しい女か……。


「日本語、喋るしてください。」


 彼女は片言の日本語で精一杯を伝えてきた。

 その顔は純真無垢で真っ直ぐで、ときめいた。


「もっと運動せな、また倒れるで?」

「運動する、倒れるします。」


 彼女は話せば話すほど真っ白で、汚いモノなんて知らない小鳥だった。それ故に憎らしくて、愛らしい。


「それはサクラって読むんや。」

「サクラ。日本人好き。ぎょーさんありまんな。」

「……、何処で覚えてきたんや。」


 片言の日本語を喋る彼女の隣は俺が占領していた。兄に彼女の事を報告する為、だった。最初は。

 いつしか虫がつかない様に、汚いモノを見せない様に、色んな言い訳を並べたけれど。


 白状するよ……、俺は彼女に惹かれている。

 叶わない恋はしない方がいい。


 そんな事は分かっている。分かっているのは頭だけ。世界には彼女の知らない物が沢山あるんだと教えたかった。願わくば俺の隣で笑って生きていって欲しい。そんな事、出来ないのにな。


 今だけは、今この瞬間だけは、。

 どうか、俺を見て………。



「彼女の事を報告しろ。」


 ……、苦しい。

 言いたく無い。兄になんか渡したく無い。


「さっさと言え。この役立たず。」


 息が、出来ない。後悔が俺を押し潰す。

 蒼い空に手を伸ばす彼女、頑張って大阪弁を覚えようとする彼女。全部俺だけのモノにしたい。


「アンパンはジャパニーズソールフード!!!」


 隣であんぱんを頬張る彼女を知っているのは俺だけでいいのに……。


 全て打ち明けてしまおうか。

 いや、もう遅い。


 嫌われたく、ないな………。



「死ぬしたい思った事、ないの?」


 唐突な質問だった。病弱な彼女だからこそ出た言葉なのか、それとも俺の心を見透かした言葉だったのか。


「ある。めっちゃある。」


 今だって、死にたいぐらいに悲しいよ。

 泣きなくなるほど好きな人が目の前にいる、のに。


 いっそ彼女を殺して俺も死のうか……。


 恐ろしい感情が全身を駆け巡る。どうやったって手に入らない彼女。兄の計画だと、もうじき彼女は兄の婚約者になる。俺にはそれをぶち壊すことも、彼女を拐って逃げる事も出来ない。なんの力も勇気もない、残念な男だ。


 ごめんな……。


 別れは唐突だった。

 雪降る路上に羽を手折られた小鳥がいた。息絶え絶えになりながら、泣いている。


 ああ、知ってしまったのか。


 すぐ理解した。彼女は鼻と頬を紅く染め、溢れる涙が憎しみを含めていた。


「全部聴いた。あんたなんか……、死んでよ。」


 あまりにも冷たい言葉だった。

 それを聴く日が来るのを知っていた。覚悟もしていたけれど、想像以上に重くて鋭い刃だった。


 彼女はそれを言い残すとその場に倒れてしまった。彼は彼の最後の仕事をする。彼女を抱き抱え、家に送る。苦しそうに、涙を拭いながら吐き出した。


「大好き、だ。」


 彼は彼女と引き換えに自由を手に入れた。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る