第4話 二つめの配達

 一軒目の配達先で、なんとか受領印を受け取った僕は、次の配達先へと急いだ。この後で時間指定配達があるから、のんびりとはしていられない。

 僕はペダルを漕ぐ脚に力を入れる。腿が痛くなってきた。相変わらず、後ろの箱は重い。しかもだらだらとした上り坂が続く。

 僕は立ち漕ぎをして、ペダルに全体重を乗せながら、この前の受け取り拒否のお客さんが思い浮かんだ。


 今、後ろに載せているような、重すぎるハートもトラブルになることがあるからだ。


 その人は、送り主の名前を聞いただけで、首を横に振ってドアを閉めてしまった。仕方ないので、送り主まで返却をしに行ったのだが――


「すいません、受け取り拒否だったんですけど……」

「ああ、留守だったんだ」

「え? いや、そうじゃなく……」

「平日は忙しいかと思って、週末にしたんだけど、出掛けちゃってたかな……」

「いえ、在宅で、家にいらして、その上で受け取りを……」

「平日の遅めの時間って、何時まで配達してもらえるんですか?」


 受け取り拒否で、そのまま返品されたということを認識できないのか、トボけているのか、とにかく、こういう人はこちらが何を言ってもらちが明かないので、預かったハートは、一旦営業所へ持ち帰り、カスタマー・サポートへ連絡する。重たいことに加え、扱いに慎重さを求められるものなので、ずっと荷台に入れておくのは気が進まないのだが、仕方がない。

 後日、カスタマー・サポート部に所属する専門家が、送り主の元へ、説明と返品に行くのだ。


 こういうお客さんを経験すると、想いを伝えるって大変だなぁ、と思う。

 いつも彼らのことを羨む気持ちが沸き起こると、こういうお客さんを思い出すようにしている。大変さだってあるんだから、と。

 それでも――


 おっと、ぼんやりしていると、通り過ぎてしまうところだ。

 住所と名前を確認。佐藤さん。うん、ずいぶん古くて小さい家だけど、ここだ。間違いない。


 荷台の箱から、ずっしりしたハートを取り出し、玄関の呼び鈴を押す。

「お届けものでーす!」


 はーい、という声が奥から聞こえる。


「Uber Hearts《ウーバーハーツ》です。お届けものに上がりました」


 少し間があって、ドアが開くと、かなり年配の、とても上品そうなお婆さんが出て来た。

「あら、何かしら?」

「えーと、柏台病院の……佐藤伊知郎さんから、ハートの贈り物です」

「ええ? 伊知郎さんから……」


 僕は、お婆さんに重いですよ、と声をかけて手渡そうとしたけれど、ちょっと持つのが難しそうだったので、玄関の框の上に置いてあげた。

 お婆さんは、僕の前で箱を開けた。

 そこには、鈍く輝く……そう、こういうのをいぶし銀というのだろうか、とてもどっしりして奥深くから輝きを放つハートが収まっていた。


「うわあ、とても綺麗ですね」

 僕は思わず、声を上げた。


「伊知郎さんね、昨日、亡くなったのよ。ずっと具合が悪かったのだけど、私も体の調子が悪くて、お見舞いになかなか行くことができなくてね。いっそ、夫婦揃って、同じ病院の同じ病室に入院できればよかったのだけど、なかなかそうもいかなくてね……だからきっと、最期に贈ってくれたのね……これを……」


 にっこりと僕に微笑みかけた、お婆さんの目には、うっすらと涙が光っている。


「届けてくれて、本当にありがとうね」


 僕は、自転車に跨る前に、もう一度、お婆さんに軽く会釈した。

 人が亡くなるのは悲しいことだけれど、せめて最期に大切な人に想いを届けることができてよかった。こういう瞬間は、本当に感動的だ。この仕事をやってよかったと思う。

 お金や時間の自由さといった単純な条件の良さを別にして、これがあるから続けられる。体力的にキツくても、困ったお客さんが居ても、こういう時のお客さんの笑顔は、本当に僕にとって最高のものなんだ。


 だって、こういうことは、僕に訪れることはないから。


 ハートを贈ったり、贈られたりするような、余裕のある生活なんて、僕にはできない。父が早くに亡くなって、家は貧乏だし。毎月の生活は苦しくて、高校も大学も奨学金で、就職したら、まず始めにかなりの返済をしなくてはいけない。

 恋愛なんて贅沢品は、僕には手の届かないものだ。


 それだけじゃない。そもそも僕には、人から祝福されるような恋愛は訪れない。なぜなら、僕は――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る