第3話:欲望の悪魔デスリンボー

森の奥深くには、静かな森に似つかわしくない小屋が建っている。

小屋の色はピンク!それも、ハートの絵に塗りたくなるような濃いピンクが、隙間なく小屋全体に塗りこまれている!


これほどハデな小屋にもかかわらず、長年、誰一人として、この小屋に近づいた人間はいなかった。

欲望を吸い取られそうなこの小屋に、人間の誰しもが恐怖を感じてしまい、近づくことすらままならないのである。


そんな孤立無縁の隠れ家に、堂々と近づく者がいた。

怒りの悪魔、ソーリーだ!


彼女は指先で、紙のような妖精をぐしゃぐしゃと丸め潰しながら、小屋の扉を目前にして立ち止まる。

ソーリーは妖精を間に、手の平を扉へと突きつけた!

ごおぉん、という大きな音とともに、扉と妖精は小屋の中へと吹き飛んでいく。


「ふあはははっ。威勢のいい客人が来たようじゃのぉ」???


室内には、煙が漂っていた。

いや、厳密には室内のある一点に、煙状の姿をした何かがいた!

その何かが、小馬鹿にしたような笑いを漏らし、突然の訪問者を出迎えたのだ!


中にいたのは、欲望の悪魔デスリンボーだ!


その悪魔の体は、毒々しい紫色をしており、中央部の煙がボディーであることは、一目見れば明白である。

足がない代わりに、ボディーの下先端部が触手のように細かく蠢いている。


頭は丸い!

煙だが、髪の毛一本すらもなさそうな頭をしている。

その頭の丸みが、悪魔のシンボルである2本の角を際立たせている。


ボディーの左右に浮かぶ、鳥の趾のようなものが手だ。

指は3本。

煙の腕などついてはいない。

それでも、手は浮いている!


翼!

とても小さい。

悪魔ソーリーの翼と比べて、1割にも満たないであろう翼が、煙の背中に存在する!使い道はない。


そして最後に目!

三日月のように美しく鮮やかで、それでいて鋭い目をしている!

レーザーでも出そうだ!


悪魔デスリンボーの姿は、まさにモンスターである。

人型悪魔のソーリーが人としての形を残しているのに対し、デスリンボーは人とかけ離れた姿をしている。


誰の目から見ても、デスリンボーが村の住人でないことは、明白なのだ!


「貴様だな。村人を欲望で飢えさせたのは」ソーリー

「くくくっ。わしの名はデスリンボー。欲望を司る悪魔じゃよん。……アイムが助けを乞う欲望を垂れ流していたようだが。お主、わしの部下をどこにやった?」デスリンボー

「ふっ」ソーリー


ソーリーが指さした先には、床に横たわる扉があった。


デスリンボーは素早く、扉の近くへと飛んでいく。

そして、浮いている手の片方を、扉に近づける。

彼の爪先に、埃の塊のように丸められた妖精がくっついた。


「おおおっ!アイムよ、こんな姿になってしまいおったのかっ!?楽しそうなことしおってからに、こやつめ~っ」デスリンボー

「…………」アイム

「ところでわしに助けを求めていたようだが、一体何の用で困っておったんじゃ?……まあよい。お主の欲はいただくとしよう」デスリンボー


デスリンボーは、妖精の欲望を吸収し始める。


そんなデスリンボーの背後に、息を殺してソーリーが忍び寄っていた。

そして、無防備なデスリンボーの胴体を、ソーリーの拳が貫いた!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る