第2話:妖精を握り潰す

悪魔ソーリーは、村はずれの森に足を踏み入れる。

村人に、怒りの感情を呼び戻すため、犯人の足取りを追っているのだ。


「この森の奥。そこに村人たちの感情が流れ込んでいる。村人を怒れなくした犯人も、そこにいるはずだ」ソーリー

「そのとおり! でも、ご主人様の元には通さないぞ!」妖精

「なんだと?」ソーリー


森の奥を睨みつけるソーリーの前に、一匹の妖精が立ちふさがった!


妖精は、少年のような容姿をしているが、背中からは半透明の羽が生えている。

人間の拳ほどのサイズしかない小さな妖精は、羽ばたくことでようやく、ソーリーと目を合わせることができていた。


ソーリーの鋭い目は、小さな妖精をすぐに捉えた。

そして、素早い動きで妖精を手の内に収めた!


「わっ!」妖精

「貴様。森の奥にいる悪魔の仲間か」ソーリー

「そ、そうだよ! やい、お前下級悪魔だろ。僕に手を出してみろ。中級悪魔であるご主人様が黙っちゃいないぞ! あふぎゃあ!」妖精


ばちゅっ、という音とともに、短い悲鳴をあげる妖精。


ソーリーの両手が、限界まで閉じられていた!

悪魔の力で両手を合わせれば、間にいる妖精など物ともしないのである。


ソーリーは、紙のようになった妖精をつまんだ。


「これ以上、痛い目に遭いたくはないだろう? 親玉の弱点を言え」ソーリー

「し、知りません。妖精の僕に、悪魔のことがわかるわけ」妖精


妖精が話し終わる前に、ソーリーは、空いていた方の指で妖精をつまむ。

これでソーリーは、左右の指で妖精をつまんでいることになる。

彼女が、左右の指を別方向に動かすだけで、妖精の体は紙切れのように引き裂かれてしまうのだ!


「ひぃ! あ! 欲だよっ! 欲ですっ! 欲望しかありえません!」妖精

「欲望だと?」ソーリー

「そ、そうです。ご主人様は欲望を源とする悪魔。欲望を奪えば弱体化するはずです! た、多分」妖精

「役に立たない策だ。私は、怒りを源にする悪魔。欲望の感情には、ほとんど干渉できない」ソーリー

「そ、そんな」妖精


ソーリーの宣告を聞き、紙のような体を震えさせる妖精。


しかし、ソーリーが妖精を引きちぎることはなかった。

それどころか、つまんでいたはずの妖精を開放し、片手の中に力強く握り込んだ!


「ああああ!」妖精

「だが、安心しろ。欲望を源としているのであれば、欲深いはずだ。人質の部下を失いたくないと思うかもしれない」ソーリー

「た、助けてぇ」妖精

「助けてやるとも。人質としてな。だが、貴様が役に立たなければ、敵のやる気を下げる音声装置として使うことになる。本当に助かりたいと思うなら、自ら進んで行動で示すことだ」ソーリー


ソーリーの手は、妖精が言葉を発せないほど強く握られていく。

一切手を緩めることなく、ソーリーは欲望の悪魔の元へと進んでいくのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る