第2話

 私の叫び声で集まった者たちは、私が目にしているモノを見て、目を真ん丸にして驚いている。


「メイリン?! な、なぜ、ここ、ここにっ」

「きゃぁぁぁぁぁっ」


 素っ裸でベッドから降りてくるアルフレッド様。さっきまで頑張ってたナニは、むしろ縮こまって、見る影もない。マリアンヌも、まさか、こんな大勢に裸を見られるとは思ってもいなかったのだろう。真っ青になって、ベッドのカバーで身を隠そうとしている。


 ――何を今さら。


 私に二人の関係を見せつけて、身を引かせようとでも思ってたんじゃないの?


「お、王子っ」


 従者の誰かが、慌ててガウンをかけようと駆け寄ろうとして、アルフレッド様が自分の今の格好に思い至る。


「あ? ああっ!」


 声をあげて慌ててガウンを受け取るアルフレッド様。

 思わず、「ダサー」っと声に出てしまったけど、誰も、言葉の意味には気付いていない模様。むしろ、私の冷静な様子に、引いているみたい。すんません。中身、28歳なんで。10代のお猿さんには興味ないっす。


「メ、メイリン? えと、あの、これはだな……そ、そう、ね、閨の勉強中なのだ。うん、こうやって、お前の為に学んでいるのだ」

「……はぁ?」


 つい、出ちゃいました。下から見上げるような「はぁ?」が。

 そんな私にびっくりしたように固まるアルフレッド様。そりゃ、そうよね。さっきまでの私だったら、こんな態度なんてとらなかった。

 辺境伯であるお祖父様に溺愛されて、何不自由なく暮らしてきた深窓の令嬢だったメイリン。王都に連れてこられて、夫に尽くすように育てられてきた大人しいお姫様が、こーんな不良みたいな反応、するわけがなかった。前世の記憶が戻ってこなければ。

 たぶん、婚約者と親友、その二人の繁殖行為がショックだったのだろう。

 そうでもなければ、こんなこと、起こり得なかったはずだ。


「メイリン?」


 おどおどと声をかけてきたのはアルフレッド様のほうで、私は鼻で笑ってやった。


「いい大人がみっともない。アルフレッド様、申し訳ございませんが、この婚約、なかったことにさせていただきます」

「メイリン!?」

「どうぞ、『愛してる』マリアンヌと、お幸せに」

「メイリン! 違う、アレは、そういうんじゃないんだっ。私が愛してるのはメイリンだけでっ」


 私に駆け寄ろうとするアルフレッド様に、ベッドにいるマリアンヌが鬼のような形相に変わる。


「酷いっ! アルフレッド様!」

「黙れっ、痴れ者がっ」

「言って下さったじゃありませんかっ! 私を側妃にしてくださるとっ!」


 ……あ~あ。

 アルフレッド様の顔色が一層悪くなる。

 そりゃ、そうよね。

 私との婚約の条件、忘れてないなら、そうなるわよね。


『側妃は結婚から10年間は置かない。10年の間に王子が産まれなかった場合のみ、側妃を認める』


 この状況、婚約する前から破ってるってことだよね?

 結婚できなくて困るのは、アルフレッド様の方。



 ……だって、この方、王太子とは言え、王家の血筋じゃないんだもの。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る