伯爵令嬢はケダモノよりもケモミミがお好き

実川えむ

第1章 私の方から、婚約破棄ですわ

第1話

 私は唖然としながら、目にしているものから、視線をはずせないでいた。


 ――なんだ、これは。


 生で金髪と赤毛の『洋モノ』の『AV』でも見せられているみたいだ。


「あああ、あん、ああっ、アル~、いい、いいわぁ」

「はっ、はっ、んあっ、くっ」


 思い返してみれば、『元カレ』と『ラブホ』で見た『洋モノ』も、こんな感じだったかも。


 ――あ、いや、『元カレ』? うん? 『ラブホ』?

 ――『洋モノ』ってなんだ? 『AV』?


 自分の頭の中に浮かんだ言葉に、疑問符がいくつも浮かぶ。

 目の前のケダモノのような行為よりも、そっちのほうが気になった。


「あ、ああ~っ♡」

「愛してるっ、くっ、マリアンヌッ、あっ、あっ」


 私、メイリン・フォン・ゴードン。

 14歳……のはずなんだけど、この状況に、色々と違和感が止まらない。


 金髪の男の人は、私の婚約者、アルフレッド・オル・トーレス様、18歳。トーレス王国の王太子。

 そして、あの赤毛は二つ年上で、私の従姉で親友だと思っていたマリアンヌ・ド・スタール侯爵令嬢、16歳。さすがに、こんなの見せつけられて、親友だなんて言いたくはない。

 二人はまだ、私がドアのところに立ち尽くしていることに気付きもせず、せっせ、せっせと、繁殖行為に勤しんでいる。


 元々、明日はこの国の王太子であるアルフレッド様と、ゴードン辺境伯の孫娘である私の婚約パーティのはずだった。

 本来なら、パーティ当日に王都にあるお祖父様の屋敷から王城に入るところを、王妃様のたっての願いで、前日から泊まることになったのだ。その上、私一人で泊まるはずだったのを、従姉のマリアンヌが強引に『一緒にいてあげる』とか言い出して、二人で泊まることになった。

 まぁ、それはいい。確かに、侯爵令嬢とはいえ、王城になんて滅多に泊まることなんかできないもの。

 だから『夕食の後、寝る前に話があるの』というマリアンヌの話も、彼女の実家にお泊りした時みたいに、女子だけのお話でもするのかな、と思ったのだ。

 ええ、素直なメイリンは、単純にそう思ったのよ。


「ああ、いいわぁ、いいわぁ♡」

「おお、おおお、おっ、おおおっ」


 ……うるさいわね。

 ていうか、本当に『AV』みたいで、萎えるわ。

 こうやって、冷静に考えられちゃってる私、所謂、『走馬燈』っていうのかしら。徐々に記憶が蘇って来てるのがわかる。

 そう、どんどんと情報が流れ込んでくる。その勢いに、足元がふらつくけれど、私はなんとかふんばった。

 そして私が気付いたものは……私、メイリン・フォン・ゴードンには、前世、なるものがあったらしいこと。『日本』という国に住んでいた28歳の『バツイチ』『OL』。名前までは思い出せないけど、それが私の前世。 


「いいっ、いいわっ」


 いや、私は全然、よくないし。

 さて、そろそろ、私、キレてもいいわよね。

 そもそも、王家に請われて、婚約者候補として王都まで来て、いよいよ婚約者となるはずだったのに、これはないわぁ。

 あの従姉もないわぁ。

 私は大きく息を吸って、思いっきり叫んだ。


「きゃぁぁぁぁっ!」


 ドタン、バタン、と、あちこちのドアが開き、王城の者たちが集まってくる足音が聞こえてくる。ていうか、あんな大声で喘いでるのに、なんで誰も出てこなかったのかしら。

 ああ、遠慮してたのか。


「な、何事だ」

「やだ、何っ!?」


 何言っちゃってるのマリアンヌ。自分で私を呼びつけたくせに。既成事実作って、王太子妃になるの、狙ってたんじゃないの?

 私は冷ややかな視線で、二人を見つめた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る