矢印さまの言うことにゃ!~高嶺の花になった元・幼馴染に告白したら『結婚してください』と言われた話~

作者 雪桜

174

68人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

日常系ラブコメの中に、最高の妄想―ファンタジー要素が加わってきます。

まさに発想の勝利。
場面にも憧れられて、この能力を活かして人生歩めたらどれだけ煌びやかで華やかな人生が待っているのか。

文章力自体も非常に軽やかで、一作家として尊敬する作品に出会いました。

今後もゆっくり追わせていただきます!

★★★ Excellent!!!

This fascinating novel makes me finish all the chapters at one sitting!even though I read it by a translation app. I can't wait to read the next chapter,because it seems that the story updated before 27th is just the surface of the huge glacier(the author has a big idea).Anyway,the novel has some defects that can be ignored,for instance, the description for the environment and the figures is not enough and some choices the role made are not so reasonable which is against their characteristics.But put these aside,the form plots even are philosophical.I hope the following plots will be more interesting. May the author have a cute day,so do the people who read the novel.(。・ω・。)ノ♡

★★★ Excellent!!!

自分の中に生まれたふたつの選択肢のうち、どちらを選ぶのが良いかを教えてくれる『矢印さま』。
これが見えるおかげで、イージーモードともいえる人生を送ってきた皇成だが、たった一つだけ、『矢印さま』の導きに従ってきたせいでモヤモヤしていたことがある。
それは、『幼馴染にして初恋の相手である姫奈との関係性』について……!
ある日、当たって砕けろの精神で、『矢印さま』の導きを無視して姫奈に告白した皇成。
彼を待っていたのは、『矢印さま』に反発したがゆえの、ハードモードな人生だった――!?

「あっ、そっちの意味!?!?!?」

読み始めてたったの数話で遭遇した大どんでん返しに、思わずゲラゲラ笑ってしまいました。
皇成を待ち受ける、これまでの生き方とは比べものにならないハードモードな明日の行方は――
……一体どこに向かうんでしょうね、『矢印さま』!?