『ゆくえ父めい』

小話:某学院の醜聞について

 告呂市のある高校で、在学中の女子生徒が集団妊娠するという事件が起こった。


 妊娠した者が一人二人であったならば、まだ素行の悪い生徒が「火遊び」にしくじったという、それなりによくあるヤンチャで済んだだろう。

 だが、数が尋常ではなかったのだ。


 ――二十七人。それが、懐妊した女生徒の数だ。


 それは最早風紀の乱れというレベルでは収まらず、告呂市全体を巻き込んだ大騒ぎに発展したらしい。

 学校の教師の多くが辞職する運びとなり、生徒達もかなりの人数が転校。

 妊娠した女生徒達もその中に含まれ、その全員が堕胎を選択し、何処かへと引っ越して行ったそうだ。


 ……そう、全員が、だ。


 赤子とは、大体においては愛する者と創り出した結晶である。

 特に学生という多感な時期に、子を孕むほどの愛を重ねた彼女達が、素直に堕胎という結論を選ぶだろうか。


 そして興味深い事に、当時女生徒を問い詰めた誰もが、彼女達の父親を特定できなかったという記録がある。

 気になる人が居た、恋人が居た。そう言った話はほぼ全員にあった。

 しかし彼らがそれぞれの父親なのかと問われると、皆一様に否定し首を振る。

 自分達は、決して誰とも逢瀬に及んだ記憶は無いと、そう話すのだ。


 多くはそれを嘘だと断じたが――懐妊時期から逆算すると、時間的に異性との逢瀬が不可能である者もまた、確かに存在していた。


 では、彼女達の胎に居た胎児は何だったのか?

 同時期に全員が懐妊したのは偶然なのか?

 逢瀬もなしに、何時、どうやって?


 ――彼女達は、誰に何をされたのだろう?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る