Episode006 それでも

 …――こんなもの読みたくなかった。


 これが私が泣いた理由。


 夢のない話をしようというタイトルが付いた白い便箋に書かれた手紙。


 これを最後まで読んでも、君は俺と同じ夢を追いかけ続けられるかい?


 そう言われたような気がして悲しくなったんだ。


 そうだ。


 この手紙は学生時代に同じ夢を一緒になって追い続けた元カレから送られたもの。


 私は元カレからの手紙を一瞥し、思わず手紙を握りつぶしてしまった。


 私は、いまだ元カレが好きなんだって、そして尊敬しているんだって思い知った。


 夢を叶えた元カレがだ。


 そして、


 件の手紙を読み終えて、


 もし、わなわなという言葉があるならば、まさにわなわなと手を微かに震わせた。


 涙がとめどなく溢れた。


 私は、この先、一体どうすればいい?


 現実を知って、夢を諦めればいいの?


 手紙を読んだあと部屋にこもって止まない雨のよう、いつまでも泣き続けた。仕事も休んで泣き続けた。食べるのも寝るのも忘れて泣き続けた。どうして、そんな事を言うのと信じられない気持ちになり、とにかく長い時間、ずっと泣きはらした。


 私が、泣き始めてから、ちょうど三日目に同じ職場で働く友達からラインがきた。


「今日で無断欠勤三日目だよ。なにかあったの?」


 私は泣きつかれていて呆然としたままでスマホを投げ出して脱力する。


 もう、どうでもいいよ。


 なにもかも消えればいい。消えてしまえばいい。


 私は、存在迷子なんだ。


 そんな事を思いながら壁にもたれかかって首を傾げて締め切った窓から外を見る。目は半開きで瞳は濁っているのだろう。なんとなく、そんな気がする。この三日間、お風呂にも入っていない。着替えてもいない。それでも動く気力さえわかない。


 食べるのも忘れて泣き続けたとはいえど、一応、水や食パンぐらいは口の中に入れていた。泣きながら鼻水をすすって食べた食パンはしょっぱかった。天井を見上げると、白い蛍光灯が煌々と照り、時折、小さな音を立てて明滅している。


 ああ、あの蛍光灯、今にもきれそう。


 私と一緒だ。


 彼は私の目標だった。


 同じ夢を追って、同じ目標に向かって走り、彼は夢を叶えた。


 そんな彼が、手紙を送ってよこした。


 私は私が泣き出す原因となった机の上に放置しておいた手紙を眺める。


 夢のない話をしよう。


 俺の仕事は、はっきりと言って社畜となんら変わらない。むしろ世間で言うブラック企業に務めた方が、まだ割が良いくらいだ。君も知ってるとは思うけども、俺たちは寝る事を許されない。一日や二日の徹夜など、まだ良いほうだ。


 よもや三日や四日など平気で徹夜を強いられる。


 うん。知ってるよ。そんな事は知ってるよ。それは承知の上でしょう?


 承知の上で自ら選んだんじゃないの?


 少なくとも私は承知の上で選んだの。


 私はもたれかかった壁から体を滑らせてコテンと虚しい音を立ててから横になる。


 頬が床に着いて、静かに目を閉じる。


 それでも私は私の夢を諦めきれない。


 貴方も私と一緒で、同じ気持ちじゃなかったの?


 少なくとも同じ時と場所を共有したあの頃は笑い合って夢を語り合ったじゃない。


 ……忘れちゃったの?


 あの頃の無垢な気持。


 またか。


 また涙が溢れてくる。


 もうやだ。泣きたくない。涙って、どこまで流せば枯れるの?


 枯れ果ててもいいから、もう涙を流したくはない。疲れたの。


 頬を床につけたまま涙が零れて顔の横へと涙の筋が引かれる。


 こんな話、もう聞きたくもないかい?


 私の脳内に、あの手紙の続きが浮かんでは静かに消えてゆく。


 左手を中空へと伸ばして、何かを掴むよう虚空を握りしめる。


 それでも私は夢を掴みたい。貴方と一緒に夢を追いかけたい。


 ぐずり。


 鼻を啜ってから手紙の先を思い出す。


 俺は、結局、どこまで行っても企業の小間使に過ぎないんだ。


 一年の内でまともに一日休める日が何日あると思う? 三十日? いや、二十日?


 甘いね。


 三日あればいいほうなんだよ。その三日だって実情は別の仕事をしてる。いつも任されている仕事以外にも仕事があってさ。その仕事をしなくちゃ回らないんだ。だから実質、一年中、休みなしで働いてるって言っても過言じゃないね。


 休みなんてない。それがリアルだよ。


 確かに、休みがない、休みがほしいと思っている内が華なんて言葉も聞くけども。


 正直、少しは休みがほしいなんて考えるのはしょっちゅうだ。


 それも分かってたわ。


 ねえ、思い出してよ。


 学生時代、一緒になって、赤焼けた空を教室の窓から眺めて誓い合ったじゃない。


 絶対に夢を叶えよう。


 たとえどんな事があっても止まらず、最後まで走り抜けよう。


 なんて約束して、お互い見つめ合ってキスまでしたじゃない。


 もう忘れちゃったの?


 私は、ずっと忘れないわ。ずっと覚えてるから。


 そうだね。あと少しだけ、君に話しておこうか。


 一日の仕事時間の話。


 軸になるのは朝十時から夜十時までの十二時間。そこで部下たちが帰る。ただ俺は一人で残って夜中二時まで仕事をする。二時を過ぎれば寝られるんだけども、そんな日は稀さ。基本的には徹夜をして部下の仕事が滞りなく進むよう準備をしている。


 もちろんどれだけ仕事をこなしても仕事は山積みだから平日も休日もない生活だ。


 食事も一日二食しか食べず、食べる時間も惜しいから十分で食べるようにしてる。


 そんな生活だからこそ外に出る事もなく、常に部屋に篭もって仕事をしているよ。


 無論、運動不足になって、ちょっと歩くと息がきれるほどさ。


 なんで。なんで、そんな事を言うの?


 今、君は俺からのこの手紙を読んで、こう思っているんだろ?


 なんで、そんな事を言うのかってさ。


 それは最後まで読んでくれれば、きっと分かる。いや、分かるようにしておくよ。


 それじゃ続けようか。


 今まで語ったように、俺は、死ぬほどまで必死に企業に尽くして働き続けている。


 それでも結果が出せなければ即クビ。


 一切合切、仕事がなくなってしまう。


 企業の中にいるやつらは揶揄してこう言うんだ。


 後ろから右肩に軽く右手のひらを乗せてからさ。


 休みが欲しくてたまらなかった君に長い夏休みをあげるよ。長い長い夏休みをね。


 とだよ。


 だからこそ常に結果を出す為にはどうしたらいいか悩み続けて精神を病む者も出る始末。もちろん俺だってメンタルは強い方じゃないから限界も近い。大体、常に望む結果を出す為の公式なんてない世界だ。余計に精神的プレッシャーは半端ない。


 しかも、


 それだけ頑張っても、与えられる賃金は雀の涙。


 もちろん、大きな結果を出し続けているやつらは途方もない賃金をもらっている。


 でもね。


 そんな人間はヒエラルキーの頂点に立つ、ほんの一握りの人間だけさ。


 大方の人間は、サラリーマンの月給よりも少し多いくらいの賃金しかもらえない。


 一体なんだろね。この理不尽さはさ。


 だから君には知っておいてほしくて、この手紙を書いたんだ。


 知りたくはなかった。


 いや、本当は知りたかった。知りたかったけど、改めて目の前にリアルとして突き付けられると悲しくなる。手紙はあと一文を残して終わる。その一文にも書いてはいない彼の現況。彼は、そんな悲惨な目にあって一体そのあとどうなったの?


 死んでないよね? 死んでないよね? 元気にしているよね?


 横に倒れたままの私は手と足を投げ出してから仰向けになる。


 電気スタンドが置いてある、使い込まれた古い机を見つめる。


 あそこに私たちの夢が詰まっていた。


 アハハ。


 乾いた笑いが溢れる。


 会いたいよ。ねえ、会いたいよ。会いに来てよ。


 ねえ、お願いだから。


 また瞳に涙がたまってきて零れそうになるのを必死で堪えた。


 そして最後の一文を頭の中に思い浮かべた瞬間。


 スマホがけたたましくなってまたラインがきた。


 私はノロノロと起き上がってスマホを手に取る。


「おーい。既読スルーって悲しいぞ。生きてる?」


 ……元カレじゃない。


 ラインの主は、さっきも心配してラインを送ってきた友達だ。


「本当にごめん。今はそれどころじゃないんだ。生きる意味を見失いそうなんだよ」


 と私は、ゆっくりと返事を書いて送っておいた。


 目をつむり、大きく一つ息を吐き、深呼吸する。


 私は、もうダメかも。


 もう、どうでもいい、死にたいなんて思ってる。


 と考えた瞬間、間髪入れず、またスマホが鳴る。


 ライン。


 だ……。


 虚ろな目で文を追う。


「漫画家になった元カレだっけ? あの人から連絡があってさ。あんたが死んでないか確認してくれって。あんたに何度も連絡したのに繋がらないからって……」


 何度も連絡したのに繋がらなかった?


 私は元カレとの連絡に使っていたラインを開く。


「でも俺は止めないよ」


 と何度も何度も同じ言葉を繰り返し送っている。


 そっか。


 彼は生きてたんだ。良かった。本当に良かった。


 私は右腕で目を覆ってまた泣き始めた。でも今度は嬉し泣き。


「まあ、返事があったって事は生きてるんだろうけどもさ、元カレも心配してたよ」


 私は一通り泣いた後、


 あの手紙に書かれた終の一文を脳内で反芻した。


 漫画家なんて、結局、そんなもんさ。


 うん。分かったよ。三日も泣いて分かったんだ。


 やっぱり、どうしても諦め切れないんだってさ。


 私が泣いてる間に送ってきた彼のラインに書かれた言葉が全てなんだ。


「でも俺は止めないよ」


 うん。そだね。私も。


 とスマホを弄ってから同僚の友達に返事をする。


「私、やっぱり漫画家になりたい。現実を知っても夢を叶えたい。私の描いた漫画で泣き笑う人の顔を見てみたい。元カレに負けたくない。絶対に漫画家になる」


 …――だって元カレは、そんな悲惨な状況にあっても漫画家を止めてないだから。


 スマホに返事がきた。


「なに? いきなりの意味不明な青年の主張。まあ、頑張りなさいな。でも、その前に会社に来なさい。上司はカンカンなんだから。こってり絞られなさいっての」


 との返事を読んで、全てが吹っ切れて微笑んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます