Episode004 10年後の君へ

 僕の生きがいは心に秘めた大きな野望とも言える夢の実現だけ。


 人生、いじめ抜かれてハードモードだけども夢だけが生きがい。


 そんな僕に、信じられないメールが来たんだ。


 …――10年前の君へ。


 このメッセージは10年後の僕が君に送った。


 そんな事を言ったら君は、こう言うだろうね。


 10年後の僕は、夢を叶えているのかってさ。


 そうだね。


 君の夢は叶っているとだけは言っておこうか。


 ただ、どんな過程を経て、どんな努力をして、どんな苦労があったのかは敢えて言わないでおこう。いや、言わない方が君の為だ。繰り返す。10年後、君の夢は叶う。間違いなく成就する。ただね。……いや、止めておこう。言わないでおこう。


 もう、そろそろ僕も……とだけはね。


 ともかく夢は現実となるのだから、絶対に途中で諦めない事だ。


 今の君はブラック企業に努めて社畜と呼ばれ、死にそうな状況に在る事も分かる。


 夢が叶うのかって疑心暗鬼になる事も分かる。


 分かるのだが、最後の最後まで諦めない事だ。


 君の壮大なる夢、全人類の滅亡をね。


 じゃ、僕も逝くよ。人類だから……。


 僕の右口角がニヤリと怪しく歪んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます