②つかの間の休息

上京して仕事を初めて2週間が過ぎた。

僕は焦っていた。

・・・ろくに仕事をしていないからだ。


3人兄弟の真ん中で空気を読むことを得意技としていた僕には、問題点がとうに分かっていた。


指導係がいないことだ。


正確には ”それ” は ”いる” のだが、鼻をホジっているかインターネットをしているかだった。最初はコミュニケーションを図ろうと質問をしたり、教えを乞いたいとお願いしていたが『俺もよく分からん』や『とくになし』との返事を真顔で返してくるため、笑いを堪えられず止めてしまった。


だから、ミーティングだけ参加し、あとは先輩が全員帰るまで自席で”何かしてる感”を出すという行為に勤しんでいた。



とある日曜日、朝からスーパーに向かいウィスキーとツマミを買い込んで1人パーティを開催した。パソコンでお笑いのDVDを再生し、忍道(しのびどう)というステルスゲームをちょっとやって、酒をのむ。

ツマミを口に放り込み、また酒をのむ。




それを繰り返しているうち、どこか息苦しさを感じてカーテンと窓を開けた。

すると、心地いい春の風が ふわっ と舞い込んできた。

同時に前の公園から楽しそうな親子の笑い声が聞こえてきた。


僕は気付いたら泣いていた。


止めようとすればするほど湧き出てくるので、あきらめた。

「おれ、なにやってんだろう。」

毎日、専門用語だらけでわけの分からないミーティングでは黙り続け、皆が帰った後に静かに戸締まりをするだけの生活は、透明人間にでもなったかのようだった。


ひとしきり泣いた後、ふと外を見ると綺麗な青空が広がっていた。

本当に気持ちいい、ジョギングでもしようか。 自然とそう思った。


慌ただしくスニーカーを履き、玄関を開けてコンクリートを力強く踏みつける。

風を切って走ると、それにあわせて呼吸が激しくなる。

心臓も激しく脈を打つ。

完全に涙も乾いたので、徐々にスピードを落としてゆっくりと歩く。


『あぁ、この道に出るんだ。』


なんてことない日常が透明人間に実体を取り戻していく。



青空はすっかり真っ赤に染まり、お腹が鳴った。

夕食を適当に済ませて、アパートへと帰る。


シャワーを浴びて、お気に入りのジャズを聞いていると眠くなってきた。


『明日も仕事だし、少し早いけどもう寝ようかな』


この日は、いつもより布団を綺麗に敷けた気がする。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る