スマイルトレーニングの日


 ~ 十月十三日(火)

  スマイルトレーニングの日 ~

 ※平滑流暢へいかつりゅうちょう

  澱みなくスラスラと




 相変わらず。

 まるで勉強しようとしやしねえから。


「お、鬼教官……」

「褒め言葉だ。ほれ、きりきり覚えろ」


 家まで出張して。

 見張ってなきゃならない不肖の弟子。


 舞浜まいはま秋乃あきの


 明日は最終日。

 たった一日勉強すれば済むだろうに。


 それすらできんのかお前。


「どうして十分おきに集中力切れるんだよ」

「だ、だって。面白くない……」

「お前の好きな化学実験とか工作とかと一緒だろ。求めたい結果にたどり着くための腕を磨いて、課題を出されたら蓄えてた知識で解答を出すんだ」

「違うの……。じ、実験は、その過程が楽しいの……」

「なら英語だって一緒だろう」


 蓄えた知識で答えを導く。

 何が違うんだと思うんだが。


 こいつは、何か言いたげに俺を見つめていたかと思うと。


 一つため息をついて。

 ノートの上に突っ伏した。


「カンニングする気なら腕に書け。顔に写してどうする」


 しかも左右逆だ。


「……立哉さん。相変わらず難儀をかける」

「いや、お互い様だ。いつも凜々花が世話になってるからな」


 慇懃なお辞儀と共に。

 俺を労ってくれる春姫ちゃんだが。


 何を思ったか。

 軽くかぶりを振って否定する。


「……私はギブばかりでなく、ちゃんと凜々花からテイクも受けている」

「そうなのか?」

「そだよん! ほら、ハルキー! またサボってる!」

「……うむ。こうか?」

「ううううむ。…………まだ、ちっと怖いかな」

「……そ、そうか。ならば、こんな感じか?」


 勉強の合間に。

 凜々花が春姫ちゃんへなにやら指導しているようだが。


 お前らは。


「一体、何やってんだ?」

「笑う練習!」

「ああ、またか」


 なるほどね。

 春姫ちゃん、笑顔下手くそだからな。


「前もやってたろ、それ」

「こないだもさ、下校中にはしゃいでたら、お巡りさんに呼び止められてさ! 凜々花だけ許してもらってハルキーだけすっげえ叱られたんだよね!」

「……さすがに不条理を感じてな。こうして日々特訓しているのだが……」

「ハルキー! またサボってる! はい、スマイル!」

「……うむ。……こうか?」


 前ほどじゃないものの。

 それでもまだ、どこかぎこちない。


 そんな、笑顔下手くそな春姫ちゃんが。


「……おお。さすがはお姉様。自然です」


 秋乃の得意芸を見て。

 しきりに感心する。


「お前は、そればっか得意な」

「しょ、処世術……、かな?」


 そしてこっちに向ける仮面の笑顔。

 やめねえか、心がこもってねえ笑顔向けられても。


 ……休憩はちょっとしかやらねえぞ?



 俺は、自分のちょろさを自覚しながら席を立って。

 ティーポットから二人分。

 お茶を注ぎながら考える。


 授業中。

 こいつのせいで大笑いして。

 叱られた時。


 俺ばっか立たされるのは。

 そのお家芸のせい。


 そういった意味じゃ。

 俺と春姫ちゃんは。


 同類なのかもしれねえな。


「俺も、笑う練習してみようかな?」

「そ、そんなの必要ない……、よ?」

「なんでさ」

「こうすれば笑うから……」


 秋乃はそんなこと言いながら。

 俺の分の紅茶に。

 角砂糖を入れようとするんだが。


 そこに書かれた文字。




 ノン。




「うはははははははははははは!!! ノンシュガー!」

「ノンシュガー、入り」

「うはははははははははははは!!!」


 いや、春姫ちゃん。

 笑顔になっても叱られるぜ?


 こうして笑うと。

 一人だけ立たされる。


 俺が、その生き証人だ。


「……そういう笑いでなく」

「うはははは……、ああ、そうだったな。凜々花とか秋乃みてえな、俺たちにとっちゃズルい笑顔が出来ねえと」

「ずるいってなんさ! ばかおにい!」

「ひ、ひどい……」


 いや、実際。

 お前らそれで得し過ぎ。


 普段なら、俺を叱るところの春姫ちゃんですら。

 二人に同調しかねて。

 視線をすいーっと泳がせる。


「た、保坂君は、罰として、覚えやすく英語を教える……」

「それは自分で考える事だろうが。勉強し始め、慣れるまでの苦労は買ってでもするべきだ」

「でも、ちょっとは楽に……、ね?」


 そう言いながら。

 秋乃が作った笑顔。


 だから。

 それ、ずるいっての。


 心が揺らぐんだよ。


「美人って得な」

「そう?」

「それじゃあまず、テストに出そうなパターンってやつを……」


 俺が、笑顔の効果に騙されてるのを自覚しながら。

 ヤマを教え始めると。


 どういう訳か。

 いつもより柔らかい。

 ちょっとドキリとする笑顔を向けられた。


「いつも……、ありがとね?」

「な、なんだよ。調子狂うからやめねえか」

「じゃあそれ、ノートの隅に小さく書いて?」

「ん? こうか?」

「そしたら、破いて切り取って?」

「注文が多いな。……できたぞ?」

「それをペンケースの裏にテープで止めて?」

「よしきた」

「……立哉さん」


 声をかけられて。

 顔をあげると。


 目の前には。

 優しく、自然な笑みを浮かべた春姫ちゃん。


 なんだよ。

 お前もできるじゃねえか。


 そう思っていたんだが。


「……お姉様」

「ひうっ!? ……な、なんにゃにょ?」

「……はい、スマイル」

「こ、こう?」


 春姫ちゃんに言われるがまま。

 浮かべた秋乃の笑顔。


 メッキがベロっと剥がれて。

 ぎくしゃくしてやがる。


 それを見て。

 ようやく俺も。

 我に返って……。



 笑顔を浮かべた。

 


「……はい、お姉様。教科書開く」

「よし秋乃。英単語二十個、五分で全部覚えよう」

「……お姉様? わたわたしていては時間がもったいないですわよ?」

「そうだな。はい、十五秒経過」

「こ、こ、怖い……」


 二つの笑顔に挟まれて。

 真っ青な顔して単語を暗記し始めた悪童。


 平滑流暢へいかつりゅうちょうに騙してカンペ作らせた罰だ。


 せいぜい、必死に勉強するがいい。


「え、笑顔……、二人とも、上手ね?」


 笑ってごまかそうとしても。

 もう無駄。


「……うふふ。あと三分」

「ふふふ。あと十五個」



 うん。


 笑顔はやっぱり。

 人生に必要不可欠なのだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます