わんにゃんの日


 悪い事をするたびに。

 誰だって思う。


 早く謝らないとって。

 でも叱られるのはいやだなって。


 ……でも。

 どうしても言えない。


 だってこれは。

 大人だって悩む罪。


 いつになったら告白できるのだろう。

 あるいはずっとこのまま。

 黙っていればいいのだろうか。



 誰にも知られたくない。



 ……その罪が。

 生き物にまつわる事だと。



 どうしよう。

 窓を開けてたら逃げちゃったなんて。




 お兄ちゃんに言えないよ。




 ~ 十月十二日(月) わんにゃんの日 ~

 ※鴉雀無声あじゃくむせい

  動物の鳴き声すら聞こえないほど静か。




 舞浜家は、古めかしい洋館で。

 趣がある反面。

 そこいらじゅうにがたが来ている。


 だから、台風襲来との予報を受けて。

 俺が家の補修に駆り出されるのは仕方のないことで。


 そして、素人仕事で。

 壁に補強材を打ち付けてみたら。


 ……壁ぶち抜いて。

 大穴を開けちまったってのも。

 仕方のないことだと思うんだ。



 部屋の引っ越しと片付け。

 週末をすっかり潰したせいで。


 勉強が、まるでできなかったから。


「……わん」


 めちゃくちゃなことを言い出して。

 テストで不正を働く悪女。


 舞浜まいはま秋乃あきの


 しかし、俺のせいだからと言って。

 こんな不正の片棒を担がされることになるとは。


「……にゃん」


 バレたりしたらどうなるんだろう。

 もう、さっきから生きた心地がしない。


「……にゃんにゃんわん」


 五択問題の答え。


 一問目の正解は、1。

 二問目の正解は、2。

 三問目の正解は、5。


 今ので分かってくれただろうか。


 さすがに書きの問題を教えることはできないから。

 限界はあるが。


 それでも、四問目なら。


「……わん」


 西郷隆盛が飼っていた動物。

 教えることができる。


 あとは、二問飛ばして。


「……ぶー。……ぶー」


 七問目の選択問題を……。



 こつん。



 ……何の真似だ?

 ぎっちぎちに折った手紙なんか投げて来て。


 慎重に手紙を開いて。

 中身を確認してみれば。


 そこに書かれていた文字は。



「選択肢の番号教えてくれる約束は?」



 …………鈍い子。



 いや、悪事に向いていないってことは。

 美徳に当たるとは思うけど。


 でも、さすがに気付け。

 俺は秋乃の方を見ずに。

 指を一本立てながら。


「……わん」


 そして、二本立てて。


「にゃん」


 鴉雀無声あじゃくむせいの教室内。

 押し殺した声で呟くと。


 飴色の髪がばっさばっさと縦方向に揺れるのを感じた。



 よし、じゃあいくぞ?

 悪だくみ、開始だ。


 一問目の正解は、1。


「わん」


 二問目の正解は、2。


「にゃん」


 三問目の正解は、5。


「にゃんにゃんわん」


 四問目の正解は、犬。


「わん……」

「ごほっ! ごっほごほ!」


 うわ! パラガスてめえ!

 今のじゃ、西郷隆盛のペット、ファン・ゴッホになっちまうだろうが!


 風邪気味だけど追試はイヤだからって。

 無理して来たんだよな。


 その根性は賞賛すべきところだが。

 でも、お前が苦しい思いしてテスト受けに来たせいで。

 一からやり直しになったじゃねえか。


 俺は恨みを込めてパラガスの背中をにらみながら。

 ひとまず、こいつが奮闘むなしく追試になりますようにと祈りをささげて。


 そして再び。

 頭から答えを教えていく。


「わん……、にゃん……、にゃんにゃんわん……、わ……」

「にゃーん! 回答欄、ひとつズレてた!」


 きけ子おおおおおお!


 なんたる偶然!

 なんたる邪魔!


 さすがにちらっと秋乃の様子を横目で確認してみたら。


 こいつは俺の方を見ずに。

 アメリカン・アキレチッタースタイルで最初からやり直しを要求する。


 そのポーズ、意味は伝わるけど。

 なんか腹立つな。


 ヘイ、ボブ? あなたはなんでノーベル化学賞の賞状抱えて喜び勇んで帰って来たのかしら?


 まったくしょうがない人ね。

 あなたがこの家を出た三十年前。

 その時の約束を忘れたの?


 ほんとにどうしようもない人。

 チーズバーガーひとつまともに買って来れないなんて。



 くだらんモノローグをつけてたら。

 答案用紙に何やら書きなぐってやがる。


「教えてくれる約束忘れちゃった? 三歩、歩いちゃった?」


 他人をニワトリ呼ばわりかよ。

 ちゃんと覚えてるっての。


 とは言えきけ子のせいで。

 ちょっと注目浴びてるから。


 慎重に……。



「わん……、にゃん……、にゃんにゃんわん……、わん……」

「にゃー」

「うわっ!? 今のなんだっ!!!」


 誰だ邪魔したの!

 いや、なんか床下から聞こえた気がするけど……。


「……やかましいぞ。何事だ、保坂」

「あ、えっと……。なんか変な声が聞こえて……」

「変な声上げてるのは夏木と貴様だろうが。またやったら、次のテストを左手で受けさせるからな」

「おお。テクニカル」


 そんなことになったら大変だ。

 絶対目立たねえようにしなくちゃ。


 そう思っていたんだが……。


「じ、時間が……」


 くそう、鬼か。

 だが、断るわけにもいくまい。


 部屋の壁を壊した時。

 こいつが大事にしていた実験道具も巻き込んで破壊したってのに。


 泣き言も言わずに。

 笑顔の仮面被って。


 俺の怪我の心配を。

 先にしてくれたんだ。


 よし、では。

 頭っから行くぞ?


「わん……、にゃん……」

「ごほっ!」


 くそう、パラガスめ!

 でも、今のは平気か?


 ちらっとお隣りに視線を送れば。

 秋乃の左手。

 親指が、ぐっと立ってる。


 よし、このまま続けるぜ。


「ごほっ」

「にゃんにゃんわん……」

「ごほっ! ……ああ、イガイガする~」


 ほんとに時間がねえからな。

 咳の合間に差し込みながら。

 続けるぜ!


「こほっ……」

「わん……」

「ごほっ! ごほっ!」

「にゃーにゃー……」

「ご……、ばうわうっ!」

「うはははははははははははは!!! なんでやねん!」


 思わず突っ込んだ。

 パラガスの変な咳。


 どうして犬?

 どうして英語!?


 そして鳴り響くチャイムの音に合わせて。

 秋乃が呆れ顔を向けながら。


 文句を言って来た。


「……クックドゥードゥルドゥー」

「だから。ニワトリじゃねえっての」


 約束は覚えてる。

 でも、これだけ邪魔が入ったらしょうがねえだろ。


 そして、ニワトリ並みの記憶力なのは俺じゃなく。

 先生だ。



 次のテスト。

 俺は、左手ではなく。



 左『足』で受けることになった。



「…………にゃあ」

「うるせえ! 答えは分かってるんだよ!」



 くそう!

 2の字って意外と難しい!


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます