頭のてっぺんから足のつま先まで

作者 佐藤ぶそあ

48

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 幼なじみの男子に密かな恋心を抱く女子高校生、佐伯さんが己の過剰すぎる身の丈にいろいろ悩んだり振り回されたりする物語。
 恋のお話です。ていうかもう、恋です。なんか甘酸っぱい恋心の濃縮液みたいな。ただのベタ甘というよりはほろ苦い甘酸っぱさ、そしてそこからの激甘大団円、といった趣の作品です。単に恋する人の脳内を活写したものではなく、明確なドラマを通じて語られる恋。要は(というか紹介文にある通り)身体に関するコンプレックスのお話で、すなわち成長期の少年少女ならではの懊悩を描いている、この点がもう問答無用に素晴らしいです。読み応えがあり、またこの溜めがあればこその説得力、というか糖分。
 登場人物の造形が好きです。みんな自然というか、わざとらしさや無駄な尖り具合のない感じ。特に好きなのは主人公で、自分の高身長を気にしていろいろ気後れする人なのですれど、でもそのわりにはそこまで後ろ向きなわけじゃない。むしろ冷静、というか実はだいぶ男前なところがあって、なんと自分で自分に呪いをかけていることを理解している。中盤あたり、「宏ちゃんとの関係を勝手にぎくしゃくさせているのは、私だ。」の一文。
 この辺ものすごく好感持てるというか、なるほどゴリラだと思いました。強い。誰にも負わせることのできない責任ならば、自分で乗り越えるしかないのだと理解してしまえる人。ことが恋愛絡みであれば、まして十代の少女のそれなら、多少のわがままや無茶は通ってしまうはずなのに。いや単に「でかいから」という理由からの振る舞いかもしれませんけれど、でも格好いい人だと思います。普通に尊敬や憧れの方向で好きになれる人。
 以下はネタバレを含みますのでご注意ください。
 終盤の盛り上がりがもう最高でした。ここまで溜めに溜めたドラマが全部、余さず糖分に変換されていくところ。ここ本当にうまいというかずるいというか、要は「満を辞し… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

※ネタバレを含みます※

まずタイトルがいい。身長183cmのヒロインが出てくるお話でこのタイトルですから。そして冒頭の「大きくなったら、宏ちゃんのお嫁さんにしてね」という約束が、上手いこと先の展開に不安と希望を与えていて、この辺りの構成が上手いなあと感心した。
「つけいる隙はあると見た」と宣言する小林さんが、結局隙につけ込めきれてないところにいい人を感じた。明らかに意外なところからのアプローチなので、もっと佐伯さんの動揺を誘って一時的にでもペースを握れたかも知れないのに、その辺が良くも悪くもヘタレなんだなあと。だが、あそこで敵に塩を送ってしまう小林さんにMVPを送りたいと思う。
宏ちゃんについては、とりあえず爆発する呪いをかけておいた。何というか甘々ですねえ。惣菜の受け渡しをするとか、二回の窓越しにコンタクトを取るとか、この絶滅しかかっているシチュエーションを敢えて正面からぶっ込んできたことに拍手を送りたい。
また幼なじみが故なのか、付き合うとかそういう話になる前に結婚を約束したろとか順番がナチュラルに狂ってるのも好き。大変おいしゅうございました。

★★★ Excellent!!!

めっちゃ良かった…めっちゃ良かった…
砂糖なんですけど甘々というよりはシュッとした切れ味のよい味わいで余韻も最高です……

主人公の女の子かわいい…背の高さがコンプレックスな女の子かわいい…

ラストの落ちまで完璧でした…完璧なハピエンだ…ほんとすっき…