第8話 文芸部の人物紹介

 アンドロメダ銀河ウプシロン帝国首都星エリューズでの冒険談を話す前に、文芸部員を俺(ソウタ)が簡単に紹介するよ。



 トミタ・リン

 身長158センチ

 後衛、武器はマジックステッキ、魔法による長距離攻撃と前衛支援。

 一列縦隊で移動するときは、前から四番目。


 天河高校二年生。文芸部部長。

 性格は内気で幼馴染のソウタ以外の男と話が出来ない。

 アイドルになりたかった。歌と踊りが好き。BLも好き。文芸部はBL仲間のクミと二人で入った。

 おばあちゃんから誕生日に買って貰った眼鏡を大事に今も使ってる。

 年寄りのみたてによりデザインが古いので、眼鏡をとると美人なのだが誰も知らない。実はかなり可愛いのだが、そうでは無いとクラスメート達に思われている。

 手を繋いだことが有る男子は父と幼馴染のソウタだけ。

 ソウタと同じマンションに住んでいて幼稚園からずっと一緒。

 BL好きだがソウタには知られたくない。(実は気付いてますが)



 コサカ・ソウタ

 身長180センチ 痩せ型

 前衛、武器は両手剣、物理近接攻撃が主体。

 一列縦隊で移動するときは、前から二番目。


 天河高校二年生。文芸部員。元オカルト研究会。

 性格は明るく楽観的、自他ともに認めるオタクでオカルト、アニメ、漫画、ゲームが大好き。

 MMORPGでユウトとパーティプレイをしている。

 オカルト研究会は学校非公認の同好会だったが、リンにお願いされて二年生からユウトと共に文芸部に入った。男子部員が二人だけなので肩身が狭い。

 幼馴染とその友人の女子をほっとけないので、冒険者グループを一緒に組むことは必然だと思ってる。

 痛い言葉などのアニメのセリフを言いがち。



 サイトウ・ユウト

 身長175センチ ポッチャリ

 前衛、武器は鉾と盾、守備重視。

 一列縦隊で移動するときは、前から一番目。


 天河高校二年生。文芸部員。元オカルト研究会。

 性格は内気だがソウタと居る時は明るい。無口、純真、ボーっとしてる事が多い。

 クラスではキモオタキャラと思われていたが、ゲームをしていると結構ハッチャケル。

 ソウタのオカルト・ゲーム友達で、異議を唱える事無くソウタと共に文芸部に入った。

 痛い言葉などのアニメのセリフを言ってソウタと笑いがち。

 同意するセリフを言いがち。

 女子部員に話しかけず、基本ソウタとしか話さない。



 カトウ・クミ

 身長165センチ

 中衛、武器は弓とマジックステッキ、弓と魔法による中長距離攻撃。

 一列縦隊で移動するときは、前から三番目。


 天河高校二年生。文芸部副部長。

 性格は姉さんキャラで女子三人のリーダー的存在。活発で明るい。

 ダンスと運動が得意。

 BL好きで、男子部員に気付かれない様にBL本を読んでることが多い。



 カミムラ・ヒナコ

 身長150センチ

 後衛、武器はマジックステッキ、回復役と前衛支援。

 一列縦隊で移動するときは、前から五番目。


 天河高校一年生。文芸部唯一の一年生。

 性格はおっとり系で恥ずかしがりや。

 歌が好き、運動が苦手、お化けが怖い。魔物も怖い。

 御一人様の世界にトリップしがち。

 BL好きで、男子部員に気付かれない様にBL本を読んでることが多い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます