【信長に挑みし者達~ワレノブナガトカクタタカエリ~】その四【武田勝頼《タケダカツヨリ》】

【武田勝頼】は甲斐国躑躅ヶ崎館を本拠地としていた父〈武田信玄タケダシンゲン〉の跡継ぎとして指名された勝頼の嫡男〈武田信勝タケダノブカツ〉の後見人的な武田家当主名代として政務・軍務を取り仕切った。

本来は諏訪家の跡継ぎとして養子に出されていた【武田勝頼】は当然ながら諏訪勝頼スワカツヨリであった。

名代として武田姓に復姓したが、御親類衆筆頭〈穴山梅雪アナヤマバイセツ〉などとは折り合いが悪かったようだ。

領土拡大に邁進した【武田勝頼】は父・〈武田信玄〉すら落城出来なかった高天神城を陥落させる事に成功したが、後にこの高天神城に援軍を送る事が出来ない事態を招き高天神城が見殺し状態で陥落し落城してしまう。

これをきっかけに武田家家臣団内に亀裂が目立ち出してくるようになる。

設楽原合戦〈長篠の戦い〉に於いて武田四天王〈山縣昌景ヤマガタマサカゲ〉〈馬場信春ババノブハル〉〈内藤昌豊ナイトウマサトヨ〉の三人や〈真田昌輝サナダマサテル〉〈真田信綱サナダノブツナ〉の二名に加えて〈土屋昌続ツチヤマサツグ〉などの貴重な人材を多数喪ってしまった。

しかし、【武田勝頼】はこのまま直ぐに織田・徳川連合軍に滅ぼされた訳ではなく、体制を整え対抗する為に尽力する。

兵力などは整ったが、越後国大名【上杉謙信】亡き後の跡目争い〖御館の乱〗に〈上杉景勝ウエスギカゲカツ〉側を支援してしまった事により、負けた側の〈上杉景虎〉が北条家からの養子だった為に武田・北条の関係が断絶する。

新府城を築城するなど精力的に動いた【武田勝頼】であったが時すでに遅し。

武田家の内部分裂が進み、武藤家から真田家に復姓し跡を継いだ〈真田昌幸サナダマサユキ〉が上州・へ共に逃れ再起を図るように進言するが御親類衆〈小山田信茂オヤマダノブシゲ〉は外様の真田は信用ならないと進言した。

【武田勝頼】は〈小山田信茂〉を頼るが、それが運の尽きであった。

〈小山田信茂〉本人がどうであれ小山田家は【武田勝頼】を見限ったのである。

【武田勝頼】と嫡男〈武田信勝〉は天目山に於いて討死するに及んだ。


纏め【武田勝頼】は決して無能な統治者ではなく、〈織田信長〉の書状にも「信玄に劣らぬ恐るべき武将である。」と記された程であった事を添えて結びとする。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

評論【信長に挑みし者達~ワレノブナガトカクタタカエリ~】 どら焼きパンケーキ中佐 @kotobukinatsuodorayaki

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ