ボクは店先に並んだ時、ずっと君を待っていた。

作者 かんなづき