第四龍礁テイマーズテイル

作者 Shiromfly

9

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 全体構成は映画っぽい雰囲気。まずは突き詰められた世界設定が衝撃のシーンと共に描かれる。細やかな人物相関があり。かなり作者は設定に凝るタイプ!という印象を受ける作品。

 いわゆる、サバンナの野生動物の保護と管理をしているレンジャーの、ファンタジー版と言うところ。保護管理されるのは龍である。よくいるドラゴンとしての龍ではなく、特殊能力を持つ爬虫類といった感じであろうか。人に危害を加えたり、作物に被害を与える龍を追い払ったり、素材目当ての密猟者に目を光らせる。そんな存在が楊空艇【マリウレーダ】の面々だ。主人公ティムズが、そこに配属されてから物語は大きな一歩を進める。

 主人公に感情移入して読み進めるタイプの人も読める内容だけど、全体のイメージとしては群像劇と言って良く、それぞれのキャラに魅力があり、彼ら一人一人にバックグラウンドの物語が存在するという感じなので、誰を主人公と決めつけにくい。誰が主人公であってもおかしくない程の存在感がある。

 ティムズの視点で、この舞台で繰り広げられる出来事と、ここで戦う人々を知っていく感じで、彼が成長していくにしたがって、出会う人や行く場所が多くなっていき、どんどん世界が広がっていく。

 戦闘シーンは、カッコイイBGMが聞こえて来るほどの躍動感あり。複数登場人物とのコンビネーションが熱くて面白い!バディ感ある戦闘は秀逸。

 緊張シーン、重いシーン、息をつく日常パートが絶妙に割り振られ、緩急があるため、一気読みをしても疲れにくいが、文章量が多く、すでに連載が長くなっている作品なので、これから追いかける人は腰を据えて読むのがおすすめ。