第16話 いらないアイテムの行方

 素材を集めて錬成して、無事に錬成スキルレベルがⅢになったので、フィーネのところに行って袋を返しながら報告した。


「おめでとう。一つうえのステップをのぼったのね」


 フィーネは拍手をして祝福してくれる。


「速い……信じられない。すごい」


 シェラは今さらのように驚き、目を丸くしていた。


「中級道具袋を錬成するためには素材が必要なのですが」


「第三階層のモンスターが『大きな布』と『魔法の糸』をドロップするわよ」

 

 知ってるが知らないフリをしたかったので、フィーネから教えてもらう。


「そろそろドロップアイテムや錬成アイテムを売ることも考えたら?」


 と助言をくれたのはシェラだった。

 これにはちょっとびっくりである。


 好感度をあげていかないとまず言ってくれなかったので。

 

「そうですね。助言ありがとうございます」


 俺が礼を言うと、シェラは小さくうなずいて読書に戻る。


「シェラが誰かにアドバイスするなんて珍しいわね」


 フィーネは小声で言って、意味ありげな微笑を浮かべた。

 

「私もついていきたいけど、そろそろ入学式の準備がはじまるからね」


 いつ来てもこの二人しかいないけど、タイミングの問題なんだろうな。

 フィーネとシェラとの仲が進展してるだけでも十分だから、欲張らないでおこう。


「お疲れの出ませんように」


「ありがとう。新入生の子に学額式の前に言われるのも、何だか不思議な気分だわ」


 フィーネの言うことはもっともだったと思ったので二人で笑う。

 そろそろ入学式の準備がはじまるなら、そろそろあのキャラとも会えるかもしれない。


 『雑多な草』みたいに使い道に困るアイテムでも買い取ってくれる変人。

 この場合は在庫処分をしてくれる恩人を探しに行きたい。


「実習棟って新入生がうろうろしても大丈夫ですか?」


 これはゲームじゃ試すこともできなかった案件だから、知ってる人間にたずねるしかないのだ。


「この時期なら大丈夫だけど、何か見たいものでもあるの?」


「錬成アイテムの処分に困ってて、誰か相談できる人はないかなって」


「ああ……」


 錬成に失敗したアイテム、成功しても売りものにならず使い道もないアイテムというのは、序盤の段階では珍しくない。


 だからフィーネもすぐ理解した。


「それだったら老師を頼るといいわよ」


「老師?」


 聞き返しながらも誰のことか予想はつく。


「ええ。錬金科の講師で、錬成部の顧問でもあるウィガン先生よ」


「変態だから気をつけて」


 シェラが顔をしかめながら忠告してくる。

 こっちでもやっぱり変態なんだ、あのおじいさん。


「変態なんですか?」


「まあね……個性的な方ではあるわね」


 フィーネは直接的な言い方を避けるが、苦笑いは堪えられない。

 ゲームの序盤、手っ取り早く金を稼ぎたいならウィガンを頼ったものだ。


 そのせいで『ウィガン銀行』と命名したプレイヤーもいる。


「はあ……」


 とぼけた反応をするとフィーネが口を開く。


「困ったらいらっしゃい。私でよければ相談に乗るわよ」


「ありがとうございます」


 そう答えてウィガンがいそうな場所を目指す。

 ウィガンが『雑多な草』を見たらなんて反応するだろうか。


 なんて考えれば、いざという時フィーネを頼れるのは心強い。

 学校での発言力、存在感、実家の権力をあわせればたいていの教師よりもアテにできる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る