第11話 誇り高き武人

「蛍はいいと言ってくれるんだろうけど、俺からすれば一方的に利益を受け取ってるだけで、蛍に何も返せてない気がするんだよな」


 本音を率直にぶつけた。


「二人だけだった時とは事情が変わったんだし、どうだろうか?」


「……たしかに事情は変わりましたね」


 蛍はまだ迷っているようだったので、背中をひと押しする。


「先輩と連携して戦うのもいい修行になるんじゃないか? むしろ先輩と戦える機会のほうが貴重だと思う」


「もっともなご意見です」


 蛍は俺の意見の正しさを認め、フィーネに笑いかける。


「そのようなことにすぐに思い当たらない未熟者ですが、改めてよろしくお願い申し上げます」


「いいのよ。誇り高き武人って感じで素敵だわ」


 フィーネは大らかな態度だった。

 どっちも話せばわかるタイプなのが幸いである。


 第二階層で俺は安全圏から戦いをながめていた。

 蛍は一歩前に出て果敢にモンスターに攻撃をする。


 一方でフィーネは俺をかばいつつ、蛍から流れてきた敵を処理していた。

 当然なのだがこの辺の敵は全部瞬殺コースである。


 わらわら人形、コボルトはともかく、噛みつき石はそんな弱くなかったはずだが、蛍もフィーネも一撃で倒してしまう。

 おかげで素材集めが大いにはかどる。


「すごいわね、風連坂さん」


 フィーネも目を丸くしたのは当然だった。

 予備知識がなかったら俺だって呆然としていただろう。


 蛍の強さは明らかに新入生レベルじゃない。


「グルンヴァルト先輩こそすさまじいです。聖騎士とは本来守りのジョブだったはずですが」


 蛍もまたフィーネに呆れているようだった。

 蛍が新入生レベルじゃないなら、フィーネは学生レベルじゃないからな。


 ゲームデータ的にはこいつらがいれば主人公がいなくても、ラスボスは倒せてしまう。

 俺だけ場違いだが、現時点じゃ仕方ない話だ。

 

「頑張って錬成をスキルあげて、二人がほしいものを作れるようになりたいな」


 軽く決意表明をする。

 わりと無謀な目標なのだが、二人は笑わなかった。


「エースケ殿は立派な向上心をお持ちです。きっと天運が開くでしょう」


「高い目標をかかげながら、現実的な行動を選ぶ。そんな子は大成するわよ」


 彼女たちはそれぞれの言葉で肯定し、はげましてくれた。

 頑張りますとうなずく。


 上級道具袋もやばくなってきたので、一度地上に帰った。


「蛍とはここでお別れかな? それともついてくる?」


 俺は蛍に聞いてみる。

 錬金術師の錬成など、彼女はいなくてもかまわない。


 一人になれば本来の目的がようやく実行できるわけだし、ついてこなくても不思議じゃなかった。


「ふむ。ではそれがしは引き続きダンジョン探索させていただきましょう。ついていっても何の役にも立たないでしょうからな」


 蛍の返事は予想通りだったから落胆はしない。


「よければまた明日、ダンジョンにつき合ってくれ」


「それはこちらこそお願いしたいですね」


 笑顔で承諾されたのでひと安心だ。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る