下 13

「燕さん、音があったのはこの辺りで間違いなさそうですね」


「だな。しかしなんだ?この煙は」

大きく舞い上がった煙と、残り火がその惨状を物語っていた。


「例の侵入者の仕業でしょうか」


「分からん。だが報告によると、捕えたのはあの西角薫だったそうだ」


「あの女が来るとは…確か連れは逃げたんですよね」


「ああ。錦の馬鹿が逃がしやがった」


「しかしこれ…何が爆発したんですかね」

木が大きく曲がり、森に穴を空けた格好だ。これだけの爆発は異常だ。


「問題の火の鳥の仕業か?」


「あの鳥にしては、威力が…」

手を煩わせている火の鳥の被害はよく聞くが、ここまでの現場は見た事が無い。


「おい、なんかここ、変な臭いしないか…?」


「確かにしますね。この煙の臭いとは別に。しかも、こんなに煙が出ているのに、やけに肌寒い」

島は基本ジメジメとした空気に覆われているが、このエリアはやけにひんやりとしている。


「なんだか気味が悪い。さっさと調べちまお…ん?おっとっと…」


「どうしたんです?」


「いや、足元に何かがな。全く…一体何なんだ」


「ちょっと待ってください。これ、人じゃないですか…?」

燕の足元には得体の知れない固形物があったものの、どこかに人の片鱗を残しているようでもあった。


「気持ち悪い事言うなよ。これのどこが…」

燕は、拾いあげて見回したかと思えば、いきなりその塊を落とした。


「これ、腕だぞ…ほぼ跡形は無いが、これは腕だ。しかも、ここまで細分化してちぎれてる」


「動物が、食べに来たんでしょうかね」


「だろうな。だが、こんなに食いちぎるのは只者じゃない。もしかすると、まだ俺達の前に姿を現していない動物かもな」


「怖い事言わないでくださいよ、燕さん。大体、まだ見つかっていない新種だなんて、いる訳ないですって。科学者のデータにも載っていた動物は全て確認済みですよ」


「でもそのベースはB9から持ち出した情報だろ?」


「それはそうですけど…」

古川夏代が焼き払ったビルから、後に島に関する資料を押収に向かった。しかし、いかんせん丸焦げのビルからであって、欠けている部分はあるのかもしれない。


疑念を抱いていると、突如あっと地面が動き、骨のない軟骨だけの体のようにグニャグニャと視界が揺れた。

思わぬ事に体の重心がずれ、転げてしまう。


気がつけば、煙のなかにいた。

辺りは灰世界に包まれ、煙が鼻を刺激する。燕の姿を見失う。


再び、大きな揺れ。


「ぐわああああああああ!」

同時に、断末魔のような叫び声。燕だ。燕さん、と呼び掛けようとしたが、煙で上手く声にならない。


煙の中でも、異様な臭いは続いていた。煙とせめぎ合うように、臭いがあった。


本当に不気味だ。ここにいてはいけない、と全身の本能が囁き合う。


キーンという嫌な音が耳を貫く。

煙とは違う、背後からのゆるりとした風が、背中を撫でる。


猛烈な気配が伝わってくる。背後には、間違いなく何かがいる。


その“何か”に突き動かされるように、顔をゆったりと後ろに向けようとする。


視界に入ってきたのは、長いくねりとした胴体。波打つように体が揺れている。

遥か上についた大きな目が、こちらを向いていた。


思わず腰が抜け、尻餅をつく。



これは…

神話上の、怪物…


目の前の怪物が、目線を外さずウルル、と小さく鳴く。


怪物は大きく息を吸った。



そして、天地を逆転させんばかりの強烈な咆哮を、吐いた。



「ぎぃやあああああああああああ!」

悲鳴が、また一つ、森に木霊した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る