下 11

「ヘリコプターを取りに行くぞ」


「何だお前は」

寂れた研究室に現れたのは、鋭い目つきをした男だった。風貌からして暴力団の連中ではないようだ。


「忘れたか?そりゃそうか。俺は所詮下っ端の秘書だもんな」


「秘書だと?お前、稲葉か!」


「正解だ。さて、お前には仕事がある。来い」

稲葉が渡辺を縛り付けていた縄を解き、立ち上がろうとしたその時、素早く黒い塊を取り出し、渡辺の額に突きつけられる。


「これは何の真似だ。稲葉」


「随分と弱りきってる癖に、偉そうな口調は衰えないジジイだな。俺はあんたのそういう所が嫌いだ。攫わられたと聞いた時は胸が晴れたもんだ」


「馬鹿な真似はやめろ」


「はっはっは。どこまでも傲慢だ。自分の立場を知らないらしい」

渡辺は稲葉の様子が不気味であった。稲葉は見てくれこそ荒いが、少なくとも社長にこのような態度を取る人物ではなかった筈だ。


「もう一度言うぞ。お前には仕事がある。大人しくついてこい」


「一体何のつもりだ。俺に何をさせる気だ」

そもそもなぜこの男が島に来ているのか。城戸に依頼されてなのか。件の島騒動については城戸にしか伝えていない筈だ。渡辺を助けるために稲葉を寄越したとしか考えられない。なら何故、この男は銃口を向けている?

渡辺は冷静に状況を整理する。


「分かってるか?俺がここに来た時点で、お前よりも俺は立場は上だ。今までは秘書としてくだらない人生を過ごしてきたが、今の俺はもう違う。希望に溢れた未来しか見えないな」

稲葉の目からは言葉通り、野望が潤っていた。


「何を企んでいるのか知らないが、俺は協力しないぞ」


「まだそんな事を。そんなに死を望むか。まあいい。あんたは俺の計画に関わって貰わなければならないからな。教えてやろう」

稲葉が高慢な口調で言う。


「単純な話、この島には驚かされた。なんたって生物兵器がいるんだからな」


「兵器というのは人間に都合の良いように戦うものの事だ。あの動物達は兵器ではない、怪物だ」


「また無駄口を。ともかく、この島は本物だ。ここの存在をぶちまければ、血相を変えてこの島に飛んでくる連中がウジ虫のように湧く。だが俺はふと思ったんだ。この島は入るのに難がある。先に人間が求めるのは、この島への上陸手段だ。そこで俺は提供しようと考えた。スロットで、そういう奴らを島に送還してやるのさ」

稲葉はさらに続ける。


「これは恐ろしいビジネスになるぞ。血の飢えた連中をここに送り込む訳だ。需要は止まらない。当然儲かるに違いない。送迎代を高くつけてやるからな」

渡辺は呆れてものも言えなかった。なんという下らない計画だ。しかし、そこに一端の危険性も感じた。この島を金儲けに使うのは、この男の愚かな行為だとはいえ、簡単にこの島に入れてしまうのは極めて危険だ。


だとはいえ、

「確かに見事な計画だ。だが自分で運転もできないような身が、よくそんな事を言えるな」


「ははは。誰もあんたみたいな老人に期待なんかしてない。あんたの役目はここの島の脱出だけだ。そしたら自由にしてやるよ。後は城戸にやらせるだけだ」


「残念だが、そんな外道なビジネスに城戸は乗らない。あいつはあの川崎の弟子だ」

川崎はどこまでいっても正義を貫く男だった。その血は、城戸にも受け継がれている。


「さあどうかな。肝心の川崎はもういない。それに城戸はまだまだ肝が座っていない。なぜ俺がこの島を知っているか分かるか?何か怪しげな動きをしていやがったから、強請って聞き出してやったんだよ」

よりにもよってこんな男に、と渡辺は苦くなる。城戸は確かに甘い部分はある。しかし、それは金の卵という意味でだ。城戸が取り込まれてしまえば、稲葉の計画は進んでしまう。


「さて、お話タイムも終わりだ。あんたはこのヘリで向こうまで送ってくれれば用済みだ。助けてやったんだから感謝する事だな」

稲葉の愚策を聞いていると、いつの間にかスロットが置かれているガレージへと辿り着いた。警備が極端に緩いのだ。こんなことなら、閉じ込められていた方がマシだった。


「お前を雇ったのは、俺の最大の失敗だ」

銃を執拗に向け続けるこの男に聞こえよがしに言う。稲葉はそれには反応せず、早く離陸しろと促してくる。



悪は悪を呼ぶ。


渡辺は島でサメを見た時既に気がついていた。この島の多大なる危険性に。

冗談では済まされない怪物に。

世界の戦争の火種になる事に。


そして、人間達が踏みとどまらない事に。

暴力団に、稲葉。この島が誰かに知れる度に、このような悪循環は止まらない。


暴力団の計画や、稲葉の計画の成功云々などはどうだっていい。だが、この男は最も危険な情報を流そうとしている。稲葉を島に連れ帰れば、本土は大混乱に陥る。積み上げてきたものが無に帰すしてしまう。




ーこの島で息絶えた、川崎の意思も―




渡辺は早くに妻を亡くし、子供が出来なかった。意気込んで企業したヘリコプター社も、悲しみから閉じようと考えていた。そこに光を与えたのは、川崎の存在だった。

川崎はまるで逞しい息子のようだった。渡辺は彼にあらゆることを受け継いだ。といっても、彼は技術にも稀有なものを持っていたため、習得は早かった。そして川崎にも、城戸という立派な弟子が出来た。

川崎は亡くなり、城戸が後を継いだ今、老いぼれに出来るような事は限られている。

もはや渡辺の生になど、価値は無い。


自分の生に執着している場合ではない。この男を送り届けてはいけない。川崎の死を無駄にしてはいけない。



悪は、根絶やしにしなければならない。

争いを呼ぶこの島も、終わりにしなければならない。この忌まわしきヘリコプターも。




渡辺は握った操縦桿を、大きく振り下ろした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る