マノゼノ大戦

作者 シュート

85

34人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

【第五回白雪賞企画:第二章まで読み進めた上でのレビューです】

この世界には、主神と邪神2人の神が存在していた。
主神は「マノ世界」邪神は「ゼノ世界」を作り出し、世界は平和が約束されると思われた。しかし、とある理由より、数年後には崩壊する“イレギュラー”が発生することを知る。

対策として、主神は7大天使をマノ世界に派遣して、マノ世界を守る戦士を選んだ。
選ばれし七人に大天使の力の片鱗である武器を与え、戦う。
名を「アーク」と呼んだ。

物語は主人公の大学生、雷電幻夢。
ひょんなことから、選ばし者に選ばれたのだが……。
壮大な世界観と、バトルシーンもイメージしやすく読みやすい!
何より、壮大な世界観なのに良い意味でテンポがいいです!

こういう世界観が大きい物語だと、どうしても説明や解説が長くなる傾向にあるのですが、この作品の魅力は読者が読み進めることで、どんどんワクワクするんです!「気になる」がどんどん増えていく魅力的な作品ですよ!

★★★ Excellent!!!


 まず、あらすじからもわかる通り、世界観がとても面白いです。よく練られた設定をわかりやすく伝える構成力と文章力が、大変素晴らしいと思います。

 そして展開が面白い。
 スピード感があり、読み手を全く飽きさせません。次々に繰り広げられる異能力バトルが熱く、わくわくしながら一気に最新話まで読んでしまいました。

 2つの世界の戦いの行方は?
 主人公は世界を救い、ヒーローとなれるのか?

 この先が非常に楽しみな作品です。拙いレビューながら、応援とさせていただきます。