赤いゼラニウム「君有りて幸福」

 窓から太陽の光が優しく流れ込む。ガラス窓の向こうには透き通った青空が広がっている。二人がけのソファーが午後のゆっくりと流れる時間を受け止める。ローテーブルの上にはマグカップに淹れられたコーヒーが二つ。薬指に指輪をした私の左手には、君の右手が重ねられている。

 体重を左にかける。君のぬくもりがさっきよりもしっかりと感じられる。


「どうしたの」


 君が優しい声で聞く。その声は何よりも安心できる声で、まるでコーヒーに落とした砂糖みたいにじんわりと私の中に溶けていく。


「私今、とっても幸せだなって感じていたの」


 君の視線と私の視線が交差する。吸い込まれるような君の黒い瞳の中に私が映り込む。


「僕もだよ」


 そう言って君が笑う。

 永遠という言葉が指し示すことが、君と過ごす時間のことでありますように。

 だって、君さえいれば他に何もいらない。君がいれば私は幸せだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます