鈴蘭記念日

作者 佐倉島こみかん

42

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 おそらくは何かの記念日らしい、特別な食卓を囲む専業主婦とその夫のお話。
 グルメ小説です。いやそれは言い過ぎというか軸はあくまで恋愛か人間関係のドラマ部分にあると思うのですけれど、でも食卓の描写のディティールが凄まじいことになっています。じっくりたっぷり分量を割いて、細部まで丁寧に描き出された食事の様子。その内容そのものの細やかさもあるのですが、より好きなのはそれが主人公の視点を通じて描かれていること、そしてそれゆえに読み取ることができる、微かな心の機微のようなものです。
 専業主婦である主人公が、夫とふたりで囲む食卓のために、丹精込めて手ずから用意した食事。献立を考え料理する立場であるからこそ描かれる、それぞれに込められた想いやこだわりに、なによりそれを食べる夫の反応。例えば少食であることや、例え洋風のおかずでも白米を好むところなど。主人公自身はバゲットが好みなのだけれど、でもそこだけは夫の趣味を優先する——というような、これらの細かい描写によって、少しずつ肉付けされていく登場人物のリアリティ。
 直接に語られているのはあくまで食卓のメニューそのもの、でもそれを通じて(あるいはそこに絡めて)人物造形や関係性をこちらに飲み込ませてくるところ。その自然さや水準の高さ、というのもたぶんあるのですけれど、でも自分にはそこまで論じられるほどの知見がないというか、単純にこの手法そのものがもうすごいです。『食』って人の個性の出やすいところではあると思うのですが、でもこうして実際にそれを文章で表現するというのは、おそらく見た目ほど簡単なものではないはずです。たぶんできる人にしかできない技術。ごはん要素って出てこない話は本当に出てこないので。
 以下、ネタバレというか物語の核心部分に触れます。
 その圧倒的な食事描写の末に描き出されるもの、つまりお話の軸となるドラマ部分なのですが、なる… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

この「ご飯が美味しそうだったで賞」を受け取ってください……優勝です……。ご飯描写だけで百万点なので、ぜひあのご飯を見るためだけにでも皆様に読んでいただきたいと思っています。空腹時に読んであまりのことに笑みが零れました。

そして美味しいだけじゃなかったという。あのご飯描写には深い意味があったんですね。もちろんお好きだというのもあると思いますが、ご飯が美味しそうなことをこの作品が求めているんです。

それだけでなく全編がそれこそ華奢なガラスの一輪挿しのようで、光を反射して美しい。決してきれいなばかりの話ではないはずなのに、作品を通して光は淀まず、「ああ、きれいだった」とそういう読後感でした。

★★★ Excellent!!!

物語の前半は「視覚に訴えるような表現と語り手の細かな機微が……」とかレビューで書こうかなとか思いながら読んでました。実際に、あのまま進んでも全くいい話だったのですが、これはいい意味で裏切られましたね。一本取られました。語り手の均一な語調や整えられた食卓が物語後半のスパイスとなり、その後の展開により一層の期待が高まるように工夫されています。確かに物語の展開が自分好みだったことは認めますが、それを考慮に入れても評価されるべき作品だと思います。