神は遊戯(ゲーム)に飢えている。  神々に挑む少年の究極頭脳戦

作者 細音啓@『神は遊戯に飢えている』書籍化で

930

322人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

キミ戦から読み始めて全巻買った矢先に出たので、もちろん買わせていただきました。

なかなかお置いていない上に設定などが面白く、個人的に気に入っております。
主人公と神々の心理戦、とてつもなくハードなゲーム…


今後の展開が気になりすぎます!

★★★ Excellent!!!

ウロボロス戦終了まで読みました。
とても面白いです。
フェイとレオレーシェ、パールという息が合ってるんだか合ってないんだかわからないパーティが今後どのように神とのゲームを攻略するのかが気になります。
これまで無敗を誇ったウロボロスとのゲームが2試合目で始まったのはとても意外でした。
ゲームフィールドもまさに規格外。
そんなラスボス感マシマシな感じのウロボロスが序盤で出たということは、今後登場する神さまはそれ以上に厄介だということでしょう。

書籍版も購入しました。
WEB版との違いを見比べてみるのも楽しみの1つです。
特に2巻への引きの部分はWEB版とは大きく違っているので、この相違点が物語にどのように影響するのかにも注目しております。
WEBと書籍両方とも、今後の展開がとても楽しみです!

★★★ Excellent!!!

神が実在する世界。
人々と神の間をつなぐのは、神の暇つぶしにより執り行われるゲームであった。

人類側が勝てば莫大な恩恵を受けられる神のゲーム。
繰り広げられる神と人類の知恵比べ。
当然神は強大な権能を持っており、人類が勝つには神の想定を上回る解を示すしかない。

逆境に次ぐ逆境に挑む主人公達の冒険譚。
熱く、フェアに繰り広げられる戦いには思わず惹きつけられます。

主人公たちに与えられる手掛かりは読者にも明示されており、
見た者も主人公と同じ心境で神に挑むことができます。

キャラクターたちの掛け合いもほほえましい、おすすめの一作です。