後の祭り


 背後から待ってという、慌てた声が聞こえた気がした。でも、ここで止まってしまえば、もう進めないと思った。夜空に咲く火の花を見上げ、体を落とす。




 あれからいくらか経ち、お盆が訪れた。正直、現世に戻ってきたからといって、行くあてもなく、ただ一人街を彷徨った。失敗続きの人生に嫌気がさして自殺したのだから、本当ならば、こんなところに戻りたくなかった。


 ふと、電車に乗ろうと思った。大学の時好きだった子がいつも乗っていた電車に。また会えるかなという淡い期待を胸に、電車に乗る。しかし、彼女は現れなかった。


 そうだ、結局彼女がいたとしても、俺はどうすることもできない。俺が過ぎ行く人たちの目に映らないから、俺が人に触れられないから。虚しくなるだけだと思った。


 何も考えずに歩いていると、いつのまにか夜になっていた。身を投じた日と同じような雲のない空が広がっている。星が綺麗で花火はよく映える。輝かしい夜空。


 あの日と同じ風景が見えた時に、自分に未練があるのだと気がついた。無意識のうちに自殺した場所へ歩いていたから、そう思わずにはいられなかった。


 雑木林を少し奥に行くと神社、そのまた奥に行くと崖がある。俺は吸い込まれるように雑木林を奥へと進む。


 神社が見えた。薄暗い道の端から奇妙な音が聞こえ、恐る恐る音の方へ行ってみる。すると、大学の時好きだった女性がベンチに座っていた。いつも電車で見ていたような可憐な印象はなく、投げやりな化粧と服装が品を削ぐ。いつかの自分を見ているようで、胸が抉られる。


 彼女は泣いていた。ただ、彼女がいくら涙を流そうと、空が濡れることはなかった。隣に寄り添ってあげたくても、俺は死人だ。


 彼女は疲れた表情で立ち上がった。そして、ゆっくりと歩き出す。俺は彼女の後をついていく。ストーカー行為だ。奥へ……奥へと歩き、あの場所へ辿り着くと彼女は足を止めた。


 まさか……!


「お、おい! やめろ!」


 届くはずもなかった。叫び声は虚しく響くだけ。俺だって声を拒んだ。たかが三メートル。されど三メートル。手を伸ばす行動さえもフィクションへ溶けていくのだから。


 彼女の涙は俺の手をすり抜けて地面に滴だろう。でも、俺が生きていれば、その涙も掬えたのかもしれない。


 俺は彼女の後を追った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます