アイス


 初夏の日差しに縋っても夏が立ち止まることはない。永遠に夏なら好きな人を見て苦しむこともないし、クラスのみんなから冷めた眼差しを向けられずに済むし、先生に怒鳴られることもない。


 一生夏でいい。一生夏休みがいい。この違いを分からないやつは死んだ方がいい。おそらく、僕の好きな人は死んでしまうだろうが、そのくらいがちょうどいい。そもそも道端に落ちたアイスのように救いなんてない。


「はぁ……」


 落ちたアイスを思いながらため息をついた。


 音楽の授業の時に好きな人と手を繋いだ。一人勝手に舞い上がり、柄にもなく空を見上げて叫んだ。でも、それだけだった。生きている気がしたその一瞬だけが輝いていて、だからこそ、それ以外が汚く感じたりもした。


 だから本当は、好きな人もいらないのかもしれない。どうせ中学を卒業したら離れ離れになり、疎遠となる。遅かれ早かれ結局は諦めないといけない。


 劣等感の中で周りの背中を追いかけることで精一杯。人生とかまだよく分かってない。それに、宿題の必要性も、青春の中身も、好きな人を嫌いになる方法も、何もかも分からないことだらけだ。それでいて僕は疑問の一つも口出せない。だからクラスのみんなから避けられ、先生に怒鳴られる。


 放課後の帰り道、一人で寂しく歩いていると景色に侵食されていく。ちょうど闇が世界を丸呑みしてしまうような感覚が襲ってきて、僕は全てが嫌になる。


 駄菓子屋の前を通ると、好きな人が中から出てきた。もちろん帰り道での買い食いは禁止されている。かといって僕がチクるはずもないだろうに、彼女は近づきお菓子の小袋を差し出した。


「あんた、いつも無口だから大丈夫だと思うけど、念の為の口封じ」


 僕は困惑して固まっていると、彼女は僕の手を取り無理やりお菓子を握らされた。その動作はどこか手馴れていた。まず、異性の手を躊躇なく触れられるのが嬉しくもあり悲しくもあった。


「はい、これであんたも共犯。わかった?」


 僕は返事の代わりに二回頷いた。


「じゃあまた」


 この反応が正解かどうかなんて分からなかったし、その後もどうすればいいのか分からなかった。もらったお菓子もそうだけど、このまま何事もなかったかのように別れてもいいのかとか。


「さ、佐伯さん!」


「ん? 何?」


「あ、あの、好きです!」


 この言葉の先なんて想像するまでもなかった。でも言いたかった。このモヤモヤする気持ちを汗で流す不味さを知っているし、いつまでも逃げられないことも知っている。それに、痛いのは慣れっこだ。


「あんた馬鹿なの? 私がお菓子あげたから両想いだと勘違いした?」


「い、いや……」


「残念だけど、私はあなたに興味がない。キモイから近づかないで」


 想像通りの返事だった。言い終えた彼女は早足で去って行った。


 彼女は自分の意見をしっかり言えるから、買い食いしても優等生であるのだと思い知った。それと同時に僕はアイスを買おうと決めた。でもアイスでは心の傷を冷やせないと知るのはもう少し先の話だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます