いざ、初配信

ライフliveの人から詳しい話を聞いた数日後俺は今までに無い程緊張していた。


何故なら、今日は俺の初配信日だからだ。


「後、二分後か」


俺の配信の画面にはもう、1500人ほど待機していた。


チャット

;ライフlive初の男性Vtuberと聞いたのですが会場はここですか?


;後1分だ!


「ふぅ、やるか」


俺は何回か深呼吸をした後、配信開始のボタンを押した。


「これ、出来てるかな?……出来てるみたいだね、ん"ん」


俺は配信出来ているのを確認すると咳払いをし、自己紹介をする。


「皆さん、初めまして新人Vtuberのおぼろつきです。ライフlive初の男性Vtuberらしいので頑張ります」


自己紹介は出来たものの、頭が真っ白になってしまった。


どうしよう、会話が続かない。そうだ!今日の天気の事でも話そう。


「今日は、天気の良い日で良かったですね」


緊張のし過ぎで口調が可笑しな事になっているが気にしない。


;なに言ってんだ?


;今日の天気は雨でしたよ?


あ、外を覗くとザァザァと音をたてながら雨が降っていた。


や、やっちまったー!

ど、どうしよう、はっ!こういう時はリセットだ!


俺はそのまま配信終了のボタンを押した。


;あっ、終わった


;まだ、始まって3分もたってないぞ?


★☆★☆


気持ちを少し落ち着かせ、もう一度配信を始める。


「皆さん、ライフlive所属、新人Vtuberの朧 月です、よろしくお願いします。」


;デジャブ


;初めまして、うっ頭が!


;本日配信2回目


「配信、2回目?何の事か分かりませんが、今日は俺の特技などを皆さんに伝えれたらなと思います………」


初めての配信は無事終わった。


「やべぇ、初めで失敗しちゃったな…うじうじしててもしょうがないし、この後始まる同期の配信でも見ようかな」


俺含めライフliveでデビューしたVtuberは4人で、一人目は制服を着たボーイッシュな女の子、赤羽あかばねあおい、明るい性格で初配信から人気だった。


二人目は猫耳を生やしたショートカットな女の子、猫又ねこまニャル、性格も猫みたいな女だった、好きなものの事になると口数が多くなっていた。


三人目はダボダボな寝間着にピンクの長い髪が特徴のたちばな綾瀬あやせ、彼女はドMらしい。



四人目が俺、朧月最初の配信でやらかしてしまった男だ。


それぞれの配信を見終わった俺はスマホを閉じようとした、だがある動画が目に飛び込んできた。


──────────────────

ライフlive新人Vtuberおぼろ つき 初配信で天気デッキを使い敗北【切り抜き】


再生回数2万回 1時期前

──────────────────


「仕事はえーな」


切り抜き師の仕事の早さにビックリしてしまった。


俺が皆から【天気デッキ最弱者】と呼ばれていたが気にしない、気にしたら敗けだと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る