2回目の配信は特技でごまかす

初配信で失敗してしまった俺は2回目の配信で汚名挽回しようと試みていた。


「よし、始まったな、皆こんにちは」


コメント

:きた!天気デッキ最弱者だ!

:天気デッキ最弱者wwww


「うるさい!俺は天気デッキなど使っていない!ってことでマフマロ返そ」


コメント

:情緒不安定かよww

:誤魔化した


マフマロとは簡単に言えば質問箱だ、質問を書いて送れば答えてくれる可能性がある、俺もVtuberをやる前はクソマロばっか送ってたな。


「最初はこれだ!」


──────────────────

天気デッキの使い方を教えてください!



──────────────────


「知らん!他を当たれ!」


──────────────────

同期のなかで誰に興味があります?


──────────────────


「気になる人ねぇ、いつか全員とコラボしてみたいよね」


コメント

猫又 ニャル:コラボするー?

:本物だ!

:マジか


「え!マジ!今度やろうぜ」


──────────────────


「なぁ、ここが良いんだろメスぶた、可愛くおねだりできたらくれてやるよ。」


これを言ってください。靴でもなんでも舐めますから


──────────────────


「えぇ!これ俺が読んで需要あるの?」


コメント

:あるんじゃ?

:多分あるよ

:まぁ、お前イケボだしな刺さるやつには刺さる


「はぁー、分かったよ、ん"ん」


俺は声を整えなるべくかっこいいよりかクズ見たいな声を目指す。


「なぁ、ここが良いんだろメスぶた、可愛くおねだりできたらくれてやるよ。」


コメント

:あ、やっば

:新しい扉が開きそう何だが?

橘 綾瀬:ご褒美、ありがとうございます、これではかどります!



「これってもしかして綾瀬さん?」


コメント

橘 綾瀬:ナ、ナンノコトカナワタシゼンゼンシラナイナー

:もう、黒やん


「図星かよ!なんちゅうもん、読ませてんだよ!」


コメント

:選んだお前が悪い

:それな


「仕方ないだろ、天気デッキの事しか無かったんだよ、それぐらい気付けよ」


コメント

:あっ!(察し)

:最弱者は大変だな


「最弱者言うな!」


#####


「それじゃあ、お疲れー!」


俺は一時間程配信をして終わった。


「うー、はぁ、ん?」


背伸びをしていると俺のパソコンにメッセージが届いていた。

よく見ると同期の猫又 ニャルからのメールだった。


猫又『ねぇねえ、コラボいつする?』


え?コラボ本当にしてくれるの?


朧『え、本当にしてくれるの?』


猫又『当たり前だよ!』


まじか!本当にありがたい話だ。


朧『日程は猫又さんの都合が合う日に』


猫又『分かった、後ニャルで良いよ!私も月って呼ぶから』


「コラボかぁ、俺そもそも、キャラ薄いもんなー、迷惑書けないように頑張ろ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る