石を投げれば波紋が立つ

「ど、どうもラピスラズリさん。私はラック=ゲンティエナと言います。」


「初めまして。改めまして、治安維持組織『アトラス』所属、ラピスラズリと申します。」


 シュガーさんの左隣に座り、ラピスさんに挨拶をする。光栄なことに、向こうも会釈して返して下さった。会釈に合わせて青い前髪が揺れ、隠れていた左目が露になる。彼女のメカクレ属性も人気の秘訣であろう。


「状況は知っていますよ。中々おもしろ…厄介なことになっているようですね。」


「え…ご存知なんですか?」


「もちろん。我々ほどこの町の事情に詳しい者はいません。」


 昨日の今日で既に事情が知られているとは、アトラスの情報収集能力は恐ろしい。流石ほぼ単一でこの町の治安を守っているだけはある。

 だが、だからこそ気になることもある。そんな大企業の看板英雄と、我が部署が誇る残念イケメンがどのような繋がりなのか。


 私の横で牛丼をかきこんだラピスさんが落ち着くのを待ち、声をかける。


「あの、シュガーさんとはどのようなご関係で?」


 私がこの質問をすると、再度顔を顰めるラピスさん。冷徹美人な彼女が顔を顰めるとは、余程の因縁があるのだろうか。


「それは―――――」


「ラピスちゃんと俺は元バディだよ。相棒って奴?」


「どういうことですか?もしかして、シュガーさんって…。」


「そうそう。僕ちゃん、元々アトラスで捜査官やってたのよねー。」


「超エリートじゃないですか!?」


 アトラスは、ティアノスを回す超主要企業。入るのにもそれなりのレベルというものが求められる。豊富な知識はもちろん、あらゆる状況に対応できる卓越した戦闘能力など。

 ぶっちゃけ、入るのはギルド本庁よりも難しい。本当にティアノスの一握りの超エリートしか働くことができない企業である。


「まあ、俺が有望新人のラピスちゃんの教育係を担当していたという訳さ。」


「逆ですよね。シュガー先輩が問題児過ぎて、手綱代わりに私が当てがわれたんですよね。」


 新人に手綱を握られる先輩とは、これ如何に。両方とも髪色が青くて外見だけはクール系なんだが、その中身は正反対だ。これで上手くやれていたんだろうか。


「あるぇー、そだっけか?まあ、前の職場がアトラスだったってだけの話よ。色々あってクビになっちゃったけど。」


「…。」


 ラピスさんの機嫌が急に悪くなりましたが。先程までは話に応じていたのに、今は眉をひそめたまま3杯目の牛丼をかきこんでいる。というか良く食うなあ。


「でさあ、ラピスちゃんに一つ頼みがあるんだけど…。」


「協力ですか。絶対に嫌です。もう二度と貴方とは組みません。」


「別に俺と組まなくても良いから、捜査だけでも…。」


「嫌です。」


「元バディのよしみで「嫌です。」…即答かよ。相変わらず連れないなあ。」


 取り付く島もない。さながら別れた彼女に復縁を迫り、こっぴどく振られる彼氏の如し。


 しかしアトラスと言えば独自の情報網を持ち、捜査能力はティアノス一高いと言われている。アトラスは『特権』を持たないため異世界に入れないが、それでも下手人を割り出すくらいは可能なはず。

 その情報収集能力の高さは、私と実務部の現状を知っていたことからも分かるだろう。


 ここは、何としても協力を依頼したい。


「ラピスさん、私からもどうかお願いします。実務部全体の危機なんです。」


「申し訳ありませんが、誰が何と言おうとその男の味方をするのは嫌です。

…では。」


 ビッとスーツの襟を正し、カウンター席から立ちあがるラピスさん。そして会計を済ませると、粛々と店の外へ歩いていく。しかし、シュガーさんのあの嫌われ様は尋常ではない。


「シュガーさん、彼女に何を…?」


「辞める前の案件で、ちょっと、こう…俺の独断で動いちゃったのよ。それ以来あんな感じ。」


 頬を掻いてたははと笑うシュガーさん。バディを組んでて独断専行を行ったから彼女がキレたと。シュガーさんのことだから何かしら理由はあったのだろうし、それを今更蒸し返すまでもあるまい。


 だが、そんな因縁があるのにも関わらず、ラピスさんに協力を求めてくれたシュガーさんにはお礼を言わなければ。


「…ありがとうございます。わざわざ嫌な役どころまでやっていただいて…。」


「気にしなくて良いよ。俺が話したかっただけだから。あと、いけると思ってたしねー。それより、完全に振り出しに戻っちゃったなあ。」


 腕を組んでむむむと唸るシュガーさん。


 元相棒に否定されて悲しいはずなのに、明るくふるまうその姿に脱帽する。彼のポジティブな態度は行き詰った現状への閉塞感を感じさせず、寧ろ逆境を楽しんでいるようにすら思えた。


「…もう一度、周辺状況を整理してみましょうか。」


「そうだね。それっぽいことは、元捜査官の俺に任せなさい。」


「よし、午後から頑張りま―――――」


「牛丼お待ち。」


「あっはい。」


 ドンと胸を張るシュガーさんに合わせて士気を向上させる。


 コネや伝手から手掛かりを導き出すだけでなく、もう一度捜索の目星をつけなくては…と決意を新たにしたが、牛丼の提供タイミングで遮られる。何ともタイミングの悪いことだ。







 『状況を整理する』とは言うものの、推理モノの漫画や小説の様にはいかず。私は一介の一般人であり、隠されたトリックだのなんだのに気付けるはずもない。


 名探偵や推理家の皆々様は、一体どのようにして手掛かりを掴んでいるのかと不思議に思う。

 考えども考えども何も思い浮かばない私は、彼らは作者から密かにチートでも貰ってるのではないか、と疑ってしまう訳ですよ。

 

 まあ、詰まるところ以下のことが言いたい。


(詰んでる…、めっちゃ詰んでる…。今は現場16Aに入ることができない、目撃者は不明、犯行声明的なものも無し。…手掛かりが少なすぎる!)


 青い空が照らす穏やかな昼下がり、私とシュガーさんは街路にあるカフェで作戦を練っている。

 赤いレンガで敷き詰められた道に、脚が中央に一つだけある白いテーブル、上にはパラソル。中は混んでいたので、俗に言う屋外席ってやつだ。


 何もなければ、優雅な昼下がりのティータイムだろう。そこに座る二人が、頭を使うことに疲れて負のオーラを垂れ流していなければ、だが。


「シュガーさん、捜査官の経験的にはどうですか…?」


「…ちょっと待って、捜査のいろはみたいなの思い出してるから。というか俺、まともに捜査した記憶ないな…。」


(ラピスさん、苦労したんですね…。)


 シュガーさんは眉間を抑えて悩み、冷たいコーヒーに砂糖をドバドバと入れて、ゴクリと飲み干す。シュガーさん、名前の通り甘党のご様子。


「うーんと…あっ、思い出した。ラピスちゃんは、『波紋を立てずに起こせる事件などありません。事件のために動けば、どこかに必ずという波紋が立ちます。』とか言ってた。」


「か、かっこいいですね…。」


「実際凄いよラピスちゃんは。俺と離れた後めちゃめちゃ昇進してるもん。今はアトラスの看板英雄だし。もう捜査官じゃなくて治安維持の方やってるっぽいけど。」


 どうやらラピスさんは推理モノの主人公並みの人物らしい。先程協力を頂けなかったのは痛手だが、致し方ない。私達はラピスさんの言う『綻び』とやらを見つけるとしよう。


「『綻び』…今回唯一残ってる手掛かりは、朝に確認した二次写本ですよね。」


「そうだね。書類上の齟齬はもみ消されてるし、物証はそれくらいじゃないかな?」


 私も微糖のコーヒーを口に運び、脳に糖分を回して思考する。


(あの写本、出所は不明。…そう言えばアレックス黒幕候補が何とか言ってたな…。)


(『恐らく冒険者が書き写したものだろう』だったか…。あの写本の品質を考えると、

 パッと見ただけでも、冒険者が作成できる質のものではなかった。)


 黒幕がわざわざ言及した『写本の出所』。…これは少し考える価値がありそうだ。


(それに、本自体も真新しかった。私が見た一次写本に比べて、文字の掠れが少なかったし。)


 まるで、の様な写本。これは考え過ぎだろうか。どこぞの魔法使いが過去に製作したものが使われた、となれば話は終わってしまうが…。


(『アレックスが言及した』という事実。叩かれたら困る箇所だからフォローしたのか、はたまた口から出まかせか。)


 この一点が懸念点だ。二次写本が私達を嵌めるためだけに今回製作されたのか、既存のものを利用したのか。前者であれば、これは大きな『綻び』になり得る。


「…あっ、これも思い出した。」


「何です?」


 コーヒーのお代わりを頼んでいたシュガーさんが、唐突に手を叩く。青天の霹靂と言った様子だ。


「アトラス、魔道書の三次写本までは追跡してるのよね。今回のものもアトラスのデータベースに入ってるんじゃないかな。」


「それだ!それが分かれば―――――っ!?」


 ―――――瞬間、レンガ通りの先から轟音が響き渡った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る