はたらかない女神様

「5分待ってろ。女神に話し付けるから。」


 そう言ってクライさんが向かったのは、事務室の右の壁際。

 そこには、白壁と同様に白いドアがあった。

 最初は、隣の医務室へ繋がるドアかと思っていたが…。


(でも、来るとき使わなかったような…。)


 クライさんはトントンとその扉をノックし、幾秒か待つ。

 返事は無し。部屋内に沈黙が流れる。


 なので、今度は強めに扉を叩く。

 するとガチャリと扉が開いた。そして出てきたのは…。


「ふぁ~い。どちら様ですか~。」


 黄色いパジャマに大きな本を抱えた少女…というか女神様。

 金色の髪を背中まで伸ばし、世にも珍しい碧眼。アホ毛。

 私が見た時はいつも凜々しい表情を浮かべていたのに、今は目をこすりながらあくびをしている惨状である。


 そして扉の奥にチラリと見えるのは、衣服や書類などが床にかなり散らかった部屋。

 いや、汚部屋である。


(((寝起きかぁ…。)))


 女神様を除いた3人が微妙な表情をしているのを見て、女神様は正気に戻る。

 眠そうな表情だったのが、ふるふると震えて次第に青ざめていく。

 そして扉を勢いよく閉めようとし――――それを見たクライさんが扉を掴んで中に入っていった。


『お前もう始業時刻過ぎてるだろうが!』


『ご、ごめんなさいー!昨日はちょっと夜更かししちゃったんですー!』


 そして部屋から響いてくるのは、クライさんの怒鳴り声と女神様の謝罪の声。


『というか、一昨日部屋片付けてやったのに何で散らかってんだよ!』


『すみません…脱いだら片付けるのが面倒くさくって…。』


『さっさと着替えてこい!こっちは片付けといてやるから!』


『はい…。』


 ドタドタとこちらに聞こえてくる騒音。

 というか…。


(クライさん、お母さんかよ…。)





 3分後。静かになったドアの奥からクライさんが出てくる。

 この3分の間で凜々しい女神様のイメージは消し飛んだが。

 女神様って、確かファンクラブとかあったよな…男女問わないやつで。この正体を知ったら皆どう思うだろうか。


 そんなことを考えていると、厳かにゆっくりとドアが開いていく。

 ドアの向こうにいるのは、白い布を纏った女神様。

 公共に露出している時はあの服装なので、あれが正装なのだろう。かなり際どい服装なので、一部ではえっちだと噂だ。


「――――何用ですか、定命の者よ。」


(ああ、見られてもその路線でいくんですね…。)

(もう手遅れだろうが…。)

(いつ見ても、あの切り替えは恐れ入る。私もしっかりと切り替えを意識しなくてはな…。)


 私とクライさんはジト目で、アストロさんはいつも通りの真面目な目線で、それぞれ女神様を見つめる。

 だが沈黙に耐えられず、いたたまれなくなった女神様がプルプルと震え出す。


「…あ、あの、ご用件は…。」


(あ、戻った。こっちが素なんだな…。)


 個人的にも、先程の『いかにも女神ッ』な態度よりこちらの方が親しみを持てて良い。

 というか女の私から見ても非常にかわいい。護ってあげたくなる感じだ。


「ああ、それ何だがな――――…という訳だ。そっちから統括の方に話しといてくれねえか。流石にこれは問題だろ。」


「…なるほど。確かに看過できませんね。分かりました。今週末の会議までに話しておきます。」


 そしてクライさんからの打診が、一瞬にして通る。

 女神様に対してため口で良いのか…という疑問は先程の問答から理解できるが、にしても女神様とクライさんの距離が非常に近い。まるで娘と父親だ。


「クライさんって、一体何者なんですか…?」


「…女神様と古い付き合いだということしか聞いたことがない。何でも、ティアノスが出来た頃からの知り合いらしい。」


「それって、超最初期じゃないですか…。」


 アストロさんの言葉が本当だとすると、クライさんと女神様は少なくとも20年来の付き合いということになる。

 まさかこんな所に上層部へのパイプがあるとは…。バカ課長に媚びを売っていた人達がこれを知れば、クライさんを全力で落としにかかるだろう。


「よし、話が付いたぞ。ラックさん、これは来週の定例会議で話題になるだろうから、そしたらすぐ元の場所に戻れるぞ。」


「えーと、貴方の上司の…バロン=カーネルさんには、総務部の方から厳重注意処分が入ると思います。今後こんなことがないように、色々と考えさせて頂きますね。」


「あ、ありがとうございます…。」


 厳重注意って…キャリアに傷がつくってレベルじゃないでしょうに…。

 間違いなくバカ課長の今後の昇進は無くなるだろう。

 いい気味だと思う反面、少々かわいそうな気もする。


(でも、もう一度あの場所に戻るのか…。私は、あそこで再出発出来るのだろうか。)


 心に過ぎる一抹の不安。

 バカ課長は知ったことでは無いが、私を完全に見限った同僚達と普通の顔で接する自信がない。

…まあマロンがいるし、そういう面ではラッキーか。


 しかし、一つの問題が解決すると欲が出てくるのが人間である。少し、『この部署の仕事を知りたい』という思いが出てきてしまった。

…『命をかける』とまでは断言できないが。


「まあ来週には戻れるから、それまではここでゆっくりしてけ。」


「はい。仕事もお手伝いさせて頂きます。」


「おお、ありがてえ。ウチは万年人不足だ。庁内だったら、志願すれば即通るくらいにはな。」


 ハハハとさっきまでのことをネタにして笑うクライさん。

 怒りで威圧感を発してさえいなければ、気の良い兄ちゃん…おじさん?そのものだ。年齢は…先程の情報と見た目から30代と推測できるが、結構若く見える。


(噂とは違った方向で凄い部署だ…。色々と…。)


 チラリと女神様を見る。私の視線に気づくと、困った顔で笑いかけて下さった。

 かわいい(真理)。


「じゃあ、業務の内容を説明するか。平常業務は大きく分けて2つだな。危ない方と、危なくない方がある。」


 皆にデスクに座る様促すと、クライさんは『ヨル』と書かれたネームプレートが置いてある役員の席に座る。

 そして、『クライ=レン』と置いてある部長席には女神様が。


 女神様は両手の平を組み、机の上に肘を置いて顔の前でポーズを取る。

 本人は『威厳があるポーズ』をしているつもりなのだろうが、女神様の正体を見た後だと絶妙にかっこがついていない。

 華奢な腕から除く決め顔が、格好いいというよりむしろかわいい。


「危なくない方は、『冒険者免許』を取る為の教習だ。講習と実技があって、そこの教室を使って授業をする。実技は別の機関の異世界を借り受けて行う。」


 冒険者免許とは、ダンジョンと異世界に入る為の免許である。

 第一種と第二種があり、第一種は攻略済みの異世界、ダンジョンの区画に入る為に必要。第二種は、未攻略の部分に入る為に必要だ。


 ティアノスにおいて、第一種は成人したての人からお年寄りまで幅広く取得している。

 本庁に入るためには別途の試験があるので、私は取得していないが。


「危ない方は異世界の巡視だ。俺達は業務中のみ個人の異世界に入れる『特権』を持つ。危険行為がないか、抜き打ちで巡視をするんだ。」


 攻略済みの異世界には、基本的には持ち主しか出入りすることができない。

 特権的に異世界に入れるのは、ティアノスではこの部署だけである。


「指名手配犯とか犯罪組織が入り込んでいる場合もあるから、その際の巡視は多少の危険を伴う。まあ、9割方普通に終わるけどな。」


(…ん?それって、犯罪組織の本拠地に殴り込んでいく様なものでは?)


 それは多少の危険で済ませて良い物なのだろうか…。さっきからおおよそ察していたけれど、もしかしてこの部署って全員化物レベルに強い…?


「…で俺達の『特権』、『治安維持の為の異世界活動』にまつわることで、臨時的な業務があと一つ。これは大分危険だ。」


(さっきのは多少で、今度は大分…。どんなに危険なんだろうか…。)


 ごくりと固唾を呑んで耳を傾ける。


「異世界には、かつて世界にあった『神秘』が色濃く残っている。神代から隔離されてそのまま残っているから当然だな。

 そして魔物は『神秘』から生じる。となると…。」


「神話の時代レベルの魔物が、発生するかもしれないってことですか。」


「そうだ。『隔離』の中心となった魔物を倒し、攻略を終えたからと言って放っておくと、力を付けた上に異世界を抜け出して。そんなレベルの奴は滅多に出てこないけどな。」


 …お、思っていた業務内容の100倍ヤバい。

 こんなことを日夜やっていたのかこの人達は…。

 全く話題になっていないが、この人達のお陰で世界が成り立っていると言っても、過言ではないじゃないか。


「そして突発的に手に負えない魔物が発生すると、ベルが鳴って――――。」


 とクライさんが口にした瞬間。

 ジリリリリリリと、けたたましくベルの音が鳴り響いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る