「空に走る」~ある日うちのネコが源氏物語の主人公になったんだけど

作者 杉浦ヒナタ

54

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

どうやらシリーズものらしいのですがもうこの一作だけでツッコミどころ満載だよ!
片方が葵で葵上って発想ののち源氏物語をぶっ込むなんてスゴすぎだよ! あとテカる源氏ってどうつっこめばいいんだよ! ただし光源氏の評価については否定できる材料がない!
そして最後のオチでイイハナシダナーがムリナハナシダナー! だよ!
面白すぎたので、他のシリーズも読もうと思います。

★★★ Excellent!!!

猫のノブナガは、いつからか中の人が異世界の織田信長と繋がっていて、あたしの事を森蘭丸だと思っている。そして、うちの近くの樋本ひのもと商店街のネコたちをすべて制圧すると、向こうの世界での天下布武がなるらしい。

ノブナガ「わしの双子の弟は当時、光源氏と呼ばれるイケメンであった」




コメディです、笑えます。


駄洒落オチが冴えてます。