同じ傷と、同じ痣。

作者 D・Ghost works

46

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

通常の作品が「読む」と言うところから入っていくのに対し、この作品はその世界に「トプンと漬けられる」ように入り込みの速度が異常に早い。入ってしまえばもう後は読了まで離してくれません。これは美の一つの形とすら言えると思います。

新しい世界を体験して、それと向き合う用意のある人にこそ読むことをお勧めします。

★★★ Excellent!!!

死にたがる心に逆らうように生きている青痣だらけの体が憎くて、僕は中学校から帰る途中にホームセンターで牛刀包丁を買った。


学校でのいじめ。
親に捨てられた最近の出来事
自殺未遂。

重くもメッセージ性あるお話でした。

文章うまいです。

ラストの終わりかた、印象的でした。

★★★ Excellent!!!

中学生による殺人の話です。悲しいです。
レビュータイトルにある「本当に死んだのは」の答えは、読んだ後自分の中に残ると思います。
考えれば考えるほど悲しい話で、現代の世の中ならこういう事件ってあり得るんじゃないの?というリアリティーもありました。
こういうお話にリアリティーを感じない世の中のほうがいいんですが、現実問題としてありありな世の中が悲しいです。