空に走る — 光が涙をこぼしたら —

作者 東海林 春山