#39 凍てついた瞳

サイクロプスと別れた後、俺は《ディオ―ネ》に戻った。


「おかえりなさい!」


リシテアは手を振っている。


「おかえりなさい……」


イオは元気無くおかえりなさいと、言った。


「ああ、ただいま」

「問題は解決したの?」


そうリシテアは訊いてきたので俺は答える。


「ああ、解決したよ」

「そうなのね~良かったわ!」


と、リシテアは俺に抱きつき……、


「ちょっ、ちょっと待て!」

「だ~いすき」


そう言いながら俺の首筋にキスをする。


「はうわっ」


いきなりのことで驚いた俺は変な声が出た。


「…………」


イオは黙ってこっちを見ている。

俺はリシテアから離れる。


「イオ? どうしたんだ?」

「なんでも……ないです……」


「……イオちゃん」


リシテアは何かを察したようだった。

なんだか気まずい雰囲気になって三人は黙り込む。


最初に沈黙を破ったのはイオだった。


「さっ! 次のに会いに行くのでしょ! 行きましょうハヤトさん!」


さっきまで暗かったイオはいつも通りに戻っていたように見えた。


「次は何処に向かうのですか?」

「カリロエって村にレアって娘がいるんだが――」

「――カリロエですね! じゃあそこに向かいましょう! 出発ですよ!」


イオは俺の腕を引っ張り……強引に連れ去られていく。


「お、おいイオ?!」


イオに引っ張れられながらふとリシテアの方を見る。

リシテアは何かを考えているようだった。


「…………。少し距離を置いたほうがいいのかしら……?」


リシテアはボソっと何かを呟いた……。


◇◆◇◆


《カリロエ》に辿り着いた。


ここにレアが――あのレアがいるのか……。

村を見渡すと。少女が立っていた。

ぽつん、と一人。


白い長髪に、白い瞳。


「レア……ッ!」

「お兄ちゃんっ……!」


その小さな少女は、はぱたぱたと小走りでこっちに来る。


「お久しぶりですっ!」

「ああ、久しぶりだな! またえるとは思っていなかったぞ!」


俺はレアの髪を撫でる。


「わたしもっですっ!」


レアはリシテアとイオの方を見る。


「それとっ……お姉ちゃんとイオさんもっ!」

「レアちゃん……ッ!」


リシテアはあの時の事を思い出していたのか泣いていた。


「お久しぶり……です……」

「イオさん?」


「…………」

「あっ……イオはだな……」


俺はレアにいままでの経緯を話した。


「そんなことがあったのですね……」

「……さて! 次はコ―デリアちゃんに会いに行くのかしら?」


とリシテアは言う。


「そうだな。コ―デリアで揃うな」

「ふふっコ―デリアさんでっ!」


「ああ、やっとだな」


あれ? 本当にそうだっけ?


「コ―デリアちゃんと合流したらみんな揃うのね! お姉さんワクワクするわ!」

「ああ、全員揃うのが楽しみだ」


全員……揃うんだっけ……?


それにしても……。

イオの様子を見る。


「…………」


イオはうつむいてじっとしている。

彼女たちの記憶がないから、ぎこちないだけではないのか?

なにかがおかしい。


俺達は《カリロエ》を去り。コ―デリアを探しに《カロン》に向かうことにした。


◇◆◇◆


カロンに到着する。

前回ここに来た時の記憶を頼りにコ―デリアが以前居たはずの場所に向かうことに。

道中にモンスタ―が何体かいたが、このエリアのモンスタ―は敵ではなかった。

バッサバッサと現れるモンスタ―をなぎ倒しながら進んでいく。


そして、彼女を見つけた。


黄色の髪に瞳の少女。


コ―デリアは俺を見つけると目をうるうるとさせていた。


「コ―デリア!」

「ハヤト様ッ!」


コーデリアはぱたぱたと走りながら俺に向かって駆けつけてくる。


「わたくし、もう逢えないのかと……。

 ハッ! あ、貴方のことなんて何も考えて無かったんだからッ!」


「はいはい……これからもよろしくな。コ―デリア」

「ハヤト様……っ」


コ―デリアは泣きじゃくっていた。


そして俺以外のみんなにも挨拶をする。


「リシテアさん、レアさん、イオさん」


「わたくし……皆様に再開出来て良かったですわ!」


コーデリアは泣きながら、俺達を見た。


「私もコ―デリアちゃんに会えて本当に……良かったっ」

「わたしもっコ―デリアさんに会えて良かったですっ」

「私も……会えて良かった……です……」


「あら?」


コ―デリアはイオの違和感に気づく。

俺はコ―デリアにイオのことを話した。


「……さてと、全員揃った事だし。《ディオ―ネ》でパ―ティでも開くか!」

「それは素晴らしいですわね……!って別に貴方達のことをうんたらかんたら……」

「パ―ティ! そうしましょう!」


「わたしもっ賛成ですっ!さあっ《ディオ―ネ》に向かいましょうっ!」


「…………」


イオは黙り込んでいる。


イオ……一体どうしたんだよ……?


彼女に違和感を感じながらも俺達は《ディオ―ネ》に向うことにした。

ついに、リシテア、レア、コ―デリアと再開した俺。

やっとみんなと再開できた。

一時期はんだと思ったけど――また逢えてよかった。


だからと言って油断しているわけではないが……。

彼女たちは絶対に死なせないし、このゲ―ムだってクリアしてみせる。


……そして、俺達は気づいていなかった。


イオの瞳が――赤色から水色に変化していることに。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます