第16話「ヒーローなんていないけど(その2)」

「……それで? 説明してくれるかしら?」

「決して痴漢に来たのでは無いのデス。ほんの行き違いでしタ。ごめんなさイ」


 腕を組んで学を見下ろす倫に、カーペットに額を擦りつけながら、怪しい気なイントロネーションで許しを請う。

 まさか、地球で初めて使った力で痴漢行為を行ったと知れたら、死んでいった195人の勇者達にあの世でドツキ回されるだろう。不名誉の極みだった。

 涙目でクローゼットから引っ張り出したTシャツとジーンズを身に着けてた倫に、他にやりようがないとは言え、最悪の形で再会したもんだと頭を抱えた。


「どうやって突然現れたのよ?」

「ほら、俺、追加戦士だから。レッドが苦戦してたら颯爽と助けに来るのが役目じゃん?」

「……やっぱりグーの方が良かったかしら?」

「すみません許してください! 何でもしますから!」


 母親に反対されて高校からやっていないとは言え、元空手部である。

 ヒーローはそこらの痴漢に全力で技をかけたりしない。あと、自分は痴漢ではない。多分。


「助けに来たぜ!」


 色々ぶつけたい言葉あったが、まずこれを言うべきだと思った。

 戦いに敗れたヒーローが居たら、それはきっと背中を支える助手が必要なのだ。


「……帰って。私はもう戦わない」


 諦観の表情と共に返ってきた拒絶は、完全に予想していた言葉だったが、それでも倫にこんな言葉を吐き出させた連中に怒りが募る。


「ヒーローだって負ける事はあるだろ? キバコンドルに負けた機面ライダーもおやっさんと特訓して勝利したし、負けてグレートに助けられたマシンダーΣだって、強化改造を受けてグレートを助けに来た」

「……ヒーローなんて居ないわ。人間は悪いやつに無力で、誰も守ってくれたりしない」


 「なら自分が守る」なんて言う気は毛頭無い。

 彼女を打ちのめしたのは、悪に敗れた事ではなく、折れてしまった自分の心なのだから。


「そうか、じゃあ世の中は強い者が弱い者を食い物にして当然って事だな?」

「そうよ……」


 首肯する倫の表情が強張った事を、学は見逃さなかった。

 やはり、香川倫の心は死んでいない。


「じゃあ、お前が居なくなったクラスを、俺がどんな引っ掻き回しても問題ないな? ダチをコケにされたんだ。多少の報復はありだよな? 加納だっけ? 試しにあいつの顔写真と連絡先、家の写真を調べてSNSで大公開してみようか? 聞いたらあいつ片親だって言うし、住所バレした部屋で親の帰りを待つのはどんな気持ちかなぁ?」


 倫の瞳に、焦りが浮かび「やめっ……」と言いかけて、口をつぐんだ。

 尚、情報は木本に先ほどの謝罪がてら根掘り葉掘り聞いてきた。これも反撃の布石である。


「……学のわざと汚い言い方をして、変な方法で人を諭そうとする所、嫌いだわ。やる気なんて無いくせに」

「ははっ、そりゃ失敗だった」


 馬鹿っぽくおどけて見せる。確かにそんな事をするつもりは無い。

 人を食った様な物言いは、甘えられる相手だけに見せる、学の悪い癖だ。

 当然やる気はない。ただし、「他の選択肢が封じられた状況でなければ」と言う条件が付くが。


「もう帰って。私の事なんか忘れて、千彰や美都を守ってあげてよ。私はもう、駄目なんだから」

「……そうか。じゃあ、もう会う事は無いな」


 腰を半分持ち上げた時、倫が「あっ」と漏らす。

 それを見届けて、学はにやりと笑った。


「なんて言うと思ったかバーカ! お前がどんなに嫌がっても、俺はお前に付きまとうからな? 嫌なら今大声をあげるなり、110番するなりすればいい。お前を見捨てるくらいなら、前科1犯くらい覚悟してやらあ! ありがたく思え!」


 今度はどっかりと胡坐をかいて、「さあ、煮るなり焼くなり好きにしろい!」と開き直る。

 我ながら酷い言い草だが、学は同情も共感も与える気はない。ただ、地獄の果てまで付き合ってやる。一緒に戦ってやると伝えるだけだ。

 誰かの人生を、誰かの戦いを、別の誰かが肩代わりする事は出来ない。だから、せめて傍らで共に戦うのだ。ヒーロー達が正義そのものではなく「正義の味方・・」を名乗るように。


「……何で、負けちゃった私なんかにそんな事言うのよ? 私はもういいの。こんな無様でカッコ悪い私は、ここで膝を抱えてるのがお似合いなの」


 多分、倫は今必死に自分と戦っている。だから、学は彼女の弱音を鼻で嗤ってやった。


「人間生きてりゃ誰でも無様を晒すだろ? 再戦で勝利したヒーローなんてごまんといる。お前だって……」

「……無理よ。ヒーローは皆スーパーパワーあるもの」


 学の双眼がすっと細まる。

 それはヒーローに憧れる香川倫が口にしてはいけない言葉だと思った。


「自分にごめんなさいしろ。その言葉は、他でもないお前自身を侮辱した」

「……っ! だってっ……!」

「後輩戦士の敗北を前に、変身不能なスペシャルマン4兄弟はどうした? 変身セットを取り上げられたターマン1号の心は死んだか? 負傷して戦えない鎧鋼児は、東京を襲う戦闘ロボット軍団相手にどうした!?」


 倫は唇を噛んだ。

 釈迦に説法だと思う。だけど、ここで「もう戦わなくていいんだ」なんて言ったら、きっと彼女は自分自信を許すことが出来なくなってしまう。


「お前はな、倫。どんなに逃げようがヘタレようが、俺と和美にとっては最高にかっこいいヒーローなんだよ」

「え?」

「俺たち兄妹が一番苦しい時に、お前は颯爽と駆け付けてくれた。救ってくれたんだ。俺はお前を尊敬してるし、誰よりも憧れてる。テレビにでてくるヒーローは本当にいないかもしれない。でも香川倫はいるんだよ!」


 「思ってもみなかった」と顔に書いてある。

 倫の表情が驚愕に染まり、続いてゆでだこの様に真っ赤になった。


「ヒーロー好きは推しのヒーローをディスられたらキレるもんだろ? ディスったのがヒーロー本人でも同じことだ」


 倫は「あのっ、あのっ!」と両手をバタつかせながら、口をぱくぱく言わせる。

 続いて言葉を紡ごうとした学は、階段を上がってくる音に気付き「潮時か」と呟く。


「倫? 誰か居るの?」


 声をかけてくる倫の母をドア越しに一瞥して、「じゃあ、また来る!」と宣言し、窓に足をかけた。


「さらばだ! ヒーロー!」


 二本指で敬礼して宣言すると、ひょいっと宙に身を躍らせた。


「ちょっ、ここ2階!」


 窓に駆け寄った時、既に彼の姿は何処にもなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます