サマー・オブ・ラブは続いてゆく 〜二人が巡り会うのはいつもこの街だ〜

作者 鴨志田千紘

8

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

夏のある日、大学生の主人公はある女の子と出会う。
その子は過去からのタイムトラベラーだった。

夏の不思議なボーイミーツガール、ふたりの思いの重なり、そしてそんな少女との新しい日常の中に迫りくる少女を追う影……。

完ッッッ璧です!

少女は果たしてどこからきたのか。どうやったらもとの時代にもどれるのか……そんなことを主人公たちが調べる中、また新たな真実が浮上してくるところなど、ジュブナイルSFのお手本のような物語です。

少しだけスロースターターな部分はありますが、最後には爽やかな気持ちで読み終わり、レビューボタンを押すこと請け合いです。

★★ Very Good!!

ある夏の日、主人公が見かけた少女は家に帰れないタイムトラベラーだった!
そんな展開から始まる物語は、SFというテーマながらも青年たちの青臭さと甘酸っぱさを孕んでおり、ゆるやかに、爽やかに展開していきます。
SFものやタイムトラベルものが苦手な私ではありますが、繊細な言葉で紡がれる情景と運命に揺らぐ登場人物たちの豊かな感情表現に惹かれ、すんなりと読むことができました。

読み終えた後はどこかすっきりとしていながら、一歩踏み出す柔らかな勇気をもらえる、そんな素敵な作品でした。

あなたも彼らと共に、甘酸っぱい恋模様あり、驚きの展開ありのひと夏のSF体験、いかがでしょう?