自称百合を極めしチー牛顔子供部屋おじさん、意識だけの存在となって百合の間に挟まる男を断罪する

作者 藤屋順一

20

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?