第5粒「冷蔵庫」

 これは、2年くらい前のことだ。




「なあ、要らねえなら冷蔵庫これ貰って良いか?」


 親友のアキラ(仮名)が1週間後に引っ越すということで、その準備の手伝いに来ていたときだった。

 アキラが今使っている冷蔵庫を捨てて新しいのを買うと言うので、の冷蔵庫が欲しかった俺は、思わずアキラに貰っていいか聞いていた。


「それは別に良いけど…お前、使うのか?あっても責任とれねえぞ?」


「なんだそりゃ?冷蔵庫これがなんかあんのか?」


 アキラはを気にしているようだったが、その冷蔵庫は何の変鉄もない高さ90センチほどのツードアタイプの冷蔵庫だった。

 ただ、まだ引っ越し当日まで1週間あるのに扉には何枚ものが貼り付けられていた。


「お前、これ何でテープ付けてんだよ。まだ電源点いてるし、とりあえず使ってんだろ?」


冷蔵庫それな…10日くらい前から夜中にすんだよ…だからテープ付けて開かねえようにしてんだよ…」


「はあ!?お前それマジで言ってんのか!?大丈夫かお前?」


 アキラが真顔でを言ったので、俺はアキラが少し心配になった。

 しかし、アキラは俺の言葉など気にせずに真顔のまま話を続けた。


「それ付けとかねえと夜中にうるせえんだよ…」


 その時のアキラの真剣な表情は、俺に嘘を言っているとは思えなかった。

 しかし、幽霊や心霊現象など端から信じていなかった俺は、アキラの話を真に受けずにその冷蔵庫を貰うことにした。


 そして、それから1週間後にアキラの引っ越しは無事に終わり、引っ越し当日からさらに4日が経った日の夜中のことだった。


 バタン…


 バタン…


 バタン…


 俺が家で寝ていると、冷蔵庫の扉が勝手にしていた。


 アキラに貰った冷蔵庫は、貰ってきたその日にアキラののことが起きたので、心霊現象などを信じていない俺もさすがに気味が悪くなってすぐに処分したのだが、どうやら俺は冷蔵庫だけでなく、そのらしく、貰ってきた冷蔵庫俺が冷蔵庫の扉が開閉していた。



 現在、俺が住んでいる部屋には冷蔵庫は1台もない。

 それでも、夜中たまにが聞こえることがある。



 バタン…


 バタン…


 バタン…


 バタン…


















  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます