第4粒「ナンパ」

 その日、俺は友達と2人で関東にあるにナンパに来ていた。


「おっ?あの子とかどうだ?見た感じ可愛いっぽいぞ。」


「おーおー、良いな。取り敢えず1人目はあの子で決まりだな。」


 車を走らせながら女の子を探していると、まだ顔も見てもいないのに、後ろ姿が可愛いからと、今日ナンパする予定の2人のうちの1人が決定し、踏切で立っているの横に車を付けた。


「ねえ彼女、1人でなにしてんの?俺たち東京から遊びに来てんだけど、良かったら一緒に遊ばない?」


「………」


 助手席に座っていた俺が窓から声を掛けるとその子は露骨に嫌そうな顔をした。


(あちゃー…こりゃ堅物かな?)


 その子は想像通りの可愛い子だったが、見た感じ真面目で堅物という雰囲気だった。


「おい、もっと積極的にいけって。」


 運転席にいる友達に促され、再びナンパを試みることにした。


「ねえキミ地元?さっきも言ったけど俺たち東京から来てて、この辺のことあんま知らないんだよね。ご馳走するからさ、どっかいい店知らない?案内してよ。」


「………」


 カンカンカンカン…


「ちょっとちょっと、黙ってないで何とか言っ!!!お、おい!!!」


 電車が来たと思ったらその子は黙ったまま踏切から線路に飛び出した。

 次の瞬間、ドンという大きな音がして彼女は電車に跳ねられた。

 そのあまりにも突然の事態に俺も友達もに唖然としていた。


 どれだけそうしていたかわからないが、少し経ってから俺も友達も車を飛び出して辺りを確認した。

 そこには跳ねられたハズのは愚か、

 意味がわからない状況に俺たちはこの日はそのまま帰ることにした。


 後日、またその町に行ったときに知り合ったの地元出身の海の家の店員によると、昔、には小さな踏切があったが、当初はその踏切には安全バーがなく、踏切の存在が地元住民でもわかりずらいほどで、危険な踏切として有名だったらしい。

 そして、その踏切に安全バーが取り付けられた理由が、俺たちみたいなに声を掛けられて、逃げ出したときに運悪く電車に跳ねられた女の子がいたから、というものだった。

 その事故が原因で安全バーを付けたものの、年々、沿線の利用者が減り、何年も前に線路そのものが撤去されたのがらしい。


 ただ、俺たちが見た踏切は確かに、尚且つ踏切に安全バーが付けられたきっかけの事故から既に20年近く経っているにも関わらず、俺たちの見たの格好をしていた。

 あの時、俺たちが見た女の子は、昔そこで跳ねられた女の子のなのか、それとも全く別のなのか、果たしてどっちなのかはわからない。

 ただ、その1件以来、俺も友達もナンパは海ですることにしている。











  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます