第2粒「心霊好きな彼女」

 突然だが、俺の彼女の話を聞いて欲しい。


 俺の彼女の名前は永野美波(仮名)という。

 

 とにかく

 顔は俺の好みだし、性格も良いし、勉強も出来て、格闘技をやっているから凄く強いし、料理上手な上にも出来る。

 もうほとんど完璧超人パーフェクトだ。

 ただ1つ、を除いては…


 俺の彼女はことを趣味にしている。

 それは、ことだ。

 さすがの俺も最初にを聞いたときは、つかした。

 これは、そんな俺のが話してくれたことだ。



 その日、美波は神奈川県のとして有名な橋に行っていた。

 そこは、昼間は景観が良くて観光スポットとしても知られている橋だ。

 無論、美波はには一切興味がなく、その橋のを確かめに行っていた。

 その橋は、絶景に反してとして有名だという。

 、自殺の名所はが多いらしい。


 昼間の絶景など全く興味がない美波は、夜になると橋へ向かい、寝袋とスマホとランタンライトだけを持って、その橋の中間地点辺りで泊まろうとしていた。

 美波が寝る前のを済ませたときだった。


 バシャン…


 不意に橋の下にある湖へが聞こえた。

 と思い、周囲を散策してみたもののらしき痕跡は無かったため、また同じところへ戻って眠ろうとしていた。


 バシャン…


 バシャン…


 バシャン…


 バシャン…


(また?何なのよ…全く。)


 正直、わずらわしかったが、を考えて再び周囲を散策してみたものの、やはりらしき痕跡は無かったため、また同じところへ戻ってそのまま眠りについた。


 バシャン…


 バシャン…


 バシャン…


 バシャン…


 眠るときも相変わらずその音は続いていたが、美波は魚が跳ねている音だと思って気にしていなかった。


 そして、翌朝になると、周囲が明るくなってきたため、橋本来の魅力である絶景が目に入り、その絶景を背に自撮りをして帰ってきた。


 帰ってきた美波はを残念がりながら俺にその自撮り写真を見せてくれた。

 その橋での自撮り写真はも普通にだけの写真だった。


「ね~、何も写ってないでしょ?寝る前からはがずっとしてるから静寂しずかにならないし、そもそも街灯で明るいし、前に行ったと比べて微妙だった。…でも私が泊まっているときにとかいうことにならなくて本当に良かった。最初に魚が跳ねたときはと思って急いで周囲まわりを探し回っちゃったもん。まあ、今思えば、魚が跳ねた音はのほうから聞こえたから、そんな近くで誰かが飛び降りたなら、私がその人の存在ことに気が付かないハズがないんだけどね。つか気が付いたらで引き留める。無理矢理にでも。」


 美波は残念がりながらも、誰かのが起きてなかったことに安堵していた。

 しかし、俺は昼間の自撮り写真を見て気が付いてしまった。

 

 その橋で過去に起きてきたを考えたとき、が何となく予想はついたが、怖いので俺はそれを言うことはしなかった。

 真偽は定かではないが、出来れば、その音の正体が、とは全く関係ない、魚が跳ねる音であって欲しい。


 ちなみに、美波はいつも以外は何も気が付かないことが多い。





















  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます