第26話 - 野外活動4 -

「さてこれより、一人ひとつずつ、オーブを配ります」


 両科ともに午前午後の実習が終わり、教員団の中の一人から告げられる。ついに来た。この野外活動の終了時に配給されるというオーブ。進級に大きくかかわるものだ。生徒一同が緊張した面持ちとなる。


 オーブは実体のない、淡く光る玉。それぞれの信仰と同じイメージの色をしている。自身の体内に収納したり、取り出したりできる。そこに数値が記載されているらしい。教員団数名が生徒一人ひとりに前に行き、渡していく。


 カズハも受け取った。闇の神サー・ナイアの信仰のため、薄い黒色をしている。

数値は86だった。


――これって高いの? 低いの?


政勝が居たので聞いてみる。101と言っていた。説明が開始された。


「数値が記載されていると思います。基本は100です」


 今回の野外活動で、大きくはないが、いい動きをしていれば若干加点、

悪ければ減点されているとのことだったが、

あくまでプレ期間なので変動は少ないだろうとのことだった。


――ちょっと、86って減点されすぎじゃない?


 なぜだ、と思ったが、思い当たる節が多すぎだ。飯盒の炎を上げまくったり、

歪職者などと名乗っていたのがダメだったのだろう。ゲラゲラ笑う政勝に蹴りを入れる。


「え?」


 オーブの数値が85になった。さらに大爆笑する政勝。

淑女にあるまじき行為は減点。そういう仕組みのようだ。


「……」


 周囲の人もほとんどが100か、微加点の様相だ。がっくりする。

とにかくこのオーブの数値を伸ばすことが、学術試験と同等以上に重要となるようだ。いきなりとんでもないビハインドから始まった。


「さて突然ですが、これより、臨時試験を行います」


――!


 想定通りここで告知された。

わざわざ念入りにクラスリーダーを投票までさせて決めたのだ。

誰もが単にこれだけで終わるとは思っていなかっただろう。場の空気が引き締まる。


「これより、現在分かれている3つのグループで、フラッグの争奪戦を行います」


 内容はこうだった。今現在、実戦科の山道実習の後で、グループが3つに分けられている。14名、14名、12名だ。この3グループにそれぞれ1本の旗を渡し、相手チームの旗を奪う。はたまた自分のチームの旗を奪われないようにする。


「そして、生徒同士の戦闘を許可します」


 !


 戦闘あり、となった。つまり力ずくで旗を奪えるということだ。

一気に緊張感が高まる。先ほど、一人ひとつのオーブが配られた。

万が一攻撃を受け、一定以上のダメージを受けた場合、

そのオーブが警告の点滅発色をするという。


 点滅してからも攻撃を中止しなかった場合即時退学となる。

命の危険をそこでセーブしているというわけだ。

そこまでの説明の時点ですでに続々と質問の手が上がる。


「オーブが点滅する以前に、即死級の攻撃を受けたらどうなりますか?」


 相手が即死するような攻撃を繰り出すことは禁止で、無論行った場合は即時退学、

刑事罰にも問われるとのことだ。


「先生、この組は人数が他より2名少ないです。不利ではありませんか?」


この組の人数の不足分は、担当教員1名が加入し、埋めるという。しかし、


「実際のところ、この組の動きに至っては、今回あまり成績に加味しません」


 元からそういうメンバーが集められているという。

急な成り行きで入学が決まった者も多く、

まだ試験をする段階にないメンバーとのことだ。たしかにトムのような者もいる。


 14人居る組の一つに教養科のローザ、もう片方の組に実戦科のリーダー、イヴがいるという。教員は主にこの2組に振り分けられた生徒の力量を見たいようだ。


 ローザの組みをA、イヴの組みをB、カズハの居る組みをCと設定された。

聞いて少しC組メンバーは、ほっとする。


「もちろん多少の加点減点は加味します。

 対象外だからといって気を抜いた動きは減点です」


青色のフラッグがその場に刺された。

A組が赤色、B組が黄色のようだ。まだ生徒から手が上がっている。


「教養科の生徒は戦闘が不得手の人もいます。どうすればよいのでしょうか?」


「不得手ならなにもしないのですか? あなたが貴族となった場合、

 戦時となったら領民を置いて逃げますか? 何ができるかも考えてみてください」


なるほど、そういう試験のようだ。戦闘能力が無くてもできることはたくさんある。

というよりも、むしろ全員戦士でサポートスタッフがゼロでは大きな戦は勝てない。

この組はリーダーが居ないので、誰かが臨時で務めて欲しいという話になる。


「木藤君がやりたいそうです」


「なっ てめ!」


 即行で推薦する。この手の常套手段だ。

やり手の先生だとそう発言をした者をリーダーにしてくる意地悪な先生もいる。


「じゃ、木藤、頼むぞ。なに、この組は気楽にやってくれていい」


「わ、わかりました」


 めちゃくちゃ睨まれるがどこ吹く風で交わす。さっきの爆笑分の返礼だ。

先ほど加わってくれた教員一名も指示に従ってくれるようだ。


「じゃあみんな、聞いてくれ」


 政勝が作戦を伝えてくる。12名中、半数が光の神ルイナージャの信仰だったので、旗の周囲に結界を張って奪われない作戦で行こうとの話になった。


 そしてさらにその周囲を戦士タイプで固め、

結界を張る術士を守ろうという配置だ。

戦士といってもトムのような者もいる。攻めに出るのは厳しそうだ。


『それでは、臨時試験、フラッグ戦を開始します』


 ピーーーーー!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る