第11話 - ヘルプ -

 対面に座ってマーヤの言葉を待つことにする。しかし、俯いたままだ。

やがてカズハにも食事が運ばれ、それも進み、もう少しで終える間際だった。


「あとで、部屋に来てくれない、かな?」


「わかったわ」


端的に返事をし、自室に戻った。


――総括しよう。ローザはまず統領の器ではある。

 状況も見えているし、避難時の動きも適格だった。周囲も細かく見えている。

 懐柔策も、ズル賢いモノではなく、ごく普通の自身のイメージアピール、

 正攻法だった。


 しかしレミは。はっきり言って、覇者の器だ。

 ローザでは私の変装を見抜けるかは、怪しい。天性の才能を持っている。

 そして、私の本心、悩みにまで迫った。



 30分ほど経ったので、隣のマーヤの部屋に向かう。もう戻っているはずだ。合図すると招き入れられた。


 カズハの怪しげな部屋と違って、女子力のある部屋だった。本人は相変わらず、気落ちしている。投票の話ではないのだろうか。


 しばらくすると、皆には絶対言わないで欲しいと念を押され、話し出した。ここ最近の秘密ブームとは明らかに雰囲気が違う。


「今日、帰りに呼び出しされたでしょ、そこで言われたんだ」


 内容は想像以上に残酷だった。先日行った、魔蔵値の測定、その結果が97と聞いていた。そのことについて呼び出しを受け、なんと、一週間後の再検査にて、100を上回ることが出来なければ、『退学』となるという。大概のことには動じないカズハもさすがに驚いた。


「さ、さすがにそれはひどくない? 一度、入学を認めたのだし」


「うん。でもこれまでの保障はちゃんとするって言われて、でもやっぱり、

 規定が満たせないと、今後の訓練でも、危険性が高いみたいなんだ」


たった3の不足だが、されど3なのか。その日の体調不良も考慮されて、一週間後の再検査で確定となるそうだ。魔蔵値は一週間程度でどうこうなるものじゃない。聞くに、マーヤが検査した機関も調査されて、数値が軒並み高めに出るという結論だったようだ。


「先生からは、気が進まなければ明日からもう休学していいって言われてて、

 理由は作っておくって」


数値はもう確定したも同然、と言われたようなものだ。マーヤは体調不良でもない。精度の高いこの前の測定器では、まず間違いなく再検査でも全く同じ数値が出るだろう。


 さすがに掛ける言葉が見つからなかった。

入浴時間となったので成り行きで退室し戻る。


 思えば初日にマーヤを助けたのも単なる成り行きだった。お花係に任命されるのを嫌がった、打算的なものにすぎない。


 しかしもうマーヤとは知らぬ仲ではない。あの女子力でささやかな情報をもらったりなど、助けられたりもした。損得抜きでも友人と言っていいのではないか。


――マーヤを助けたい。いや、助けたい? そんなこと、私にできるはずない。

 私にできるのは工作と妨害。正反対の嫌がらせだけだ。

 普段政勝にやっていることと同じだ。本気だろうと、ふざけていようと。

 それが私なんだ。人助けなど。



――命令でなく、自分の意思で、行動してみよう。失敗してもいい。

 



どうする?


1.替え玉をやって自分が代わりに測定する

2.忍び込んで測定値を改ざんする

3.担当者を暗殺する

4.機械を破壊する


――ふっ 私らしい選択肢がずらり出たわね。

 でも……まず3.4はない。問題の解決にはならない。

 2もダメだ。その場で告げられるのに記録だけ変えても無駄だ。

 1もダメだ。あの機械は精巧だった。専門の検査員までいた。

 その場でバレるだろう。


打つ手なし、か。シズクさんに手紙を書いて、送ってみた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る