第13頁「了(階段)」














フフフフ…


読者ガメンノムコウ皆様アナタ


この【短篇集(短)カッコタン】という作品ヲハナシ如何ドウでしたか?


恐怖コワかった?


愉快タノしかった?


内容イミ理解ワカラなかった?


フフフフ…


この作品ヲハナシみ、ナニカンじ、ナニヲモうか、それは一人々々ソレゾレ解釈コタエがあるとヲモいます


失礼スミマセン


モウヲクれました


ワタシ仮名無生ムウ


ワタシはこの【短篇集()】派生作シリーズツイ呼ぶヲシラセする存在モノ


ヲワリ案内人ストーカーです


ヲワリなのに案内人ストーカーというのはおかしいですか?


では、ナニ適当なイイ呼び方モノ閃いたミツカッタヲシえてください


フフフフ…


ところで、皆様アナタは、こんなコト耳にしたキイタことありませんか?


である


これは周知ユウメイ都市伝説ハナシです


そのため、建物タテモノてるときは死刑台ソレカブらないように階段カイダン段数カズ十三コレける


ただし、これはあくまで創作ウワサであり、ナニ根拠ショウコがないコトです


ただ、ヒト想像するカンガエルことは稀有にトキトシテ真実になるジッタイヲモツことがあります


この都市伝説ハナシ関連するマツワル色々サマザマコトも、もしかしたら既にモウ実体化ソコニアルのかもれません


皆様アナタウチ階段カイダン存在りますか?


その階段カイダン何段13ダンですか?


それでは、また今度イツカお会いヲハナシできることを心待タノしみにしています


フフフフ…



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます